京まんだら(下)

講談社文庫
キョウマンダラ
京まんだら(下)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

できれば僧衣をまとい、頭をすがすがしくした自分の、ちんまりした晩年の姿をそこに思い描いてみたりもする……。女は北嵯峨に住みつこうとしている。“「京まんだら」が瀬戸内さんの「源氏」だといっても誤りではなく、そして、これもまた男には書けない小説”(戸板康二氏)といわれる本篇は、祇園「竹乃家」30周年の秋に華麗に幕が下ろされる。

目次

  • 島へ
  • 美しいもの
  • 佗助
  • 赤絵
  • 千羽鶴
  • 舞衣
  • 若葉かげ
  • 葵祭
  • 紫陽花
  • 夏雲
  • 祇園ばやし
  • 夏たけて
  • 無言まいり
  • 大文字
  • 秋扇
  • 満願
  • 東山
  • 年譜

製品情報

製品名 京まんだら(下)
著者名 著:瀬戸内 晴美
発売日 1976年06月25日
価格 定価 : 本体660円(税別)
ISBN 978-4-06-131350-7
判型 A6
ページ数 406ページ
シリーズ 講談社文庫

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス