戦いすんで日が暮れて

講談社文庫
タタカイスンデヒガクレテ
戦いすんで日が暮れて
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

強い男、りりしい男はいないのか!弱気な夫と、巨額の負債をしょいこんだ家庭の中で、休む間もない奮闘を続ける、男まさりの“強い妻”を独自の真情と塩からいペーソスで描く――直木賞受賞作。ほかに「ひとりぽっちの女史」、「佐倉夫人の憂愁」、「結婚夜曲」、「ああ男!」などの傑作短編7編を収録。

目次

  • 戦いすんで日が暮れて
  • ひとりぽっちの女史
  • 敗残の春
  • 佐倉夫人の憂愁
  • 結婚夜曲
  • マメ勝ち信吉
  • ああ 男!
  • 田所女史の悲恋
  • 文庫版あとがき

製品情報

製品名 戦いすんで日が暮れて
著者名 著:佐藤 愛子
発売日 1974年12月18日
価格 定価 : 本体500円(税別)
ISBN 978-4-06-131272-2
判型 A6
ページ数 258ページ
シリーズ 講談社文庫