美について

講談社現代新書
ビニツイテ
美について
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

山河の美しさ、芸術の美しさ、人格の美……美は、さまざまな位相をとって人間の前に立ち現われ、より高い価値へとひとをいざなう。では、ひとはいかにして「美」を発見し、どのようにこれを受け入れてきたのか。最高の美とはいかなるものなのか。本書は、美についての理念の変遷や芸術の展開と関連づけながら、その存在論的意味を解明した美についての形而上学である。

美は人間の希望である――真と善と美とは人間の文化活動を保証し、かつ、刺戟してやまない価値理念である。真が存在の意味であり、善が存在の機能であるとすれば、美は、存在の恵みないし愛なのではなかろうか。われわれは美しい山河を眺めただけですら、救われた思いに浸る。卓越した芸術作品の美に接すれば、人間の偉大さにうたれ、自分が人間に属することを誇りに思うであろう。美は、たしかに、挫折し苦しむことの多いわれわれに差し出された存在の光りのようにも思われるではないか。美はこのようにして、人間の希望である。この輝かしい経験内容である美を反省しないでいることは、人間の栄光と喜びとについて考えずにおくことになる。――本書より

目次

  • ●美の発見
  • ●美の理解
  • ●芸術の力
  • ●芸術の理念
  • ●芸術の源泉
  • ●芸術の社会的機能
  • ●人格の美
  • ●美の体験
  • ●最高の価値としての美
  • ●美についての文献表

製品情報

製品名 美について
著者名 著:今道 友信
発売日 1973年06月20日
価格 定価 : 本体800円(税別)
ISBN 978-4-06-115724-8
通巻番号 324
判型 新書
ページ数 247ページ
シリーズ 講談社現代新書

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス