「表現の自由」の守り方

星海社新書
ヒョウゲンノジユウノマモリカタ
「表現の自由」の守り方
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

私たちは、これからもマンガ・アニメ・ゲームを楽しみつづける!
児童ポルノ禁止法、TPPに付随した著作権非親告罪化、国連による外圧、「有害図書」指定、青少年健全育成基本法……日本が世界に誇るマンガ・アニメ・ゲームの表現は、たえず厳しい規制の危機にさらされてきた。しかし、争点を冷静に見極め、したたかに交渉を重ねていけば、必ず「表現の自由」は守ることができる――。本書は、参議院議員としてマンガ・アニメ・ゲームの表現規制を水際で食い止めてきた著者が、永田町の表と裏の舞台で行ってきた活動を明らかにするものである。単に「規制反対!」を大声で叫ぶのではなく、私たちの表現を守るために、一人ひとりにできることを共に探っていく座右の書。マンガ家・赤松健との特別対談を収録。

製品情報

製品名 「表現の自由」の守り方
著者名 著:山田 太郎
発売日 2016年04月26日
価格 定価 : 本体840円(税別)
ISBN 978-4-06-138586-3
通巻番号 81
判型 新書
ページ数 240ページ
シリーズ 星海社新書

著者紹介

著:山田 太郎(ヤマダ タロウ)

山田太郎 参議院議員
1967年生まれ。慶応義塾大学経済学部卒、早稲田大学大学院博士後期課程単位取得。米国外資系企業副社長などを務めた後、製造業向コンサルティング企業を創業、3年半で東証マザーズに上場させる。現在、参議院議員、表現の自由を守る党党首、MANGA議連事務局長代行。専門は憲法21条(表現の自由・通信の秘密)。とりわけマンガ・アニメ・ゲームの表現の自由を守る運動では中核的な役割を果たし、度重なる規制の危機を食い止め続けてきた。他、製造業、技術系企業の海外進出、児童養護、年金・社会保障、農業政策等の分野で熱心な活動を行っている。また、東京工業大学特任教授、早稲田大学客員准教授、東京大学工学部非常勤講師として14年間で2000人以上の学生を育てる。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス