中国のインターネット史 ワールドワイドウェブからの独立

星海社新書
チュウゴクノインターネットシワールドワイドウェブカラノドクリツ
中国のインターネット史 ワールドワイドウェブからの独立
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

6億人のユーザーを抱える独立国が、ネット上に出現した!
2014年末、中国政府はGoogleを完全に遮断し、ワールドワイドウェブから独立を果たしました。Twitterなどの西側サービスを拒絶し、国外サイトへのアクセスを制限された世界は不気味にも思えます。しかし、そこでは6億人が、パクリ的な国内サービスを使ってインターネットを楽しんでいます。では、このネット上の独立国はいかにして成立したのでしょうか? その過程を探ると、いくつもの興味深い事実が明らかになりました。ネット導入は政府主導だったこと、パクリでも国産サービスが選ばれること、しかし国内のIT企業は常に世界を目指していたこと……。さあ、ネット上に国境線が引かれるまでの20年を、共に辿り直しましょう!

製品情報

製品名 中国のインターネット史 ワールドワイドウェブからの独立
著者名 著:山谷 剛史
発売日 2015年02月26日
価格 定価 : 本体840円(税別)
ISBN 978-4-06-138565-8
通巻番号 60
判型 新書
ページ数 256ページ
シリーズ 星海社新書

著者紹介

著:山谷 剛史(ヤマヤ タケシ)

アジアITライター
1976年東京都出身。東京電機大学卒。システムエンジニアを経て、中国やアジアを専門とするITライターとなる。現地の消費者に近い目線でのレポートを得意とし、バックパッカー並の予算でアジア各国を飛び回る日々を送っている。「ITMedia」「ASCII」「東洋経済オンライン」「ダイヤモンドオンライン」などを中心に多数の連載を持ち、単著に『新しい中国人 ネットで団結する若者たち』(ソフトバンク新書)などがある。本書は、2002年に中国雲南省の省都・昆明のスラム街に居を構えてより、足掛け14年にわたる中国IT観察の中間決算である。ツイッターは@YamayaT

関連シリーズ

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス