僕たちとアイドルの時代

星海社新書
ボクタチトアイドルノジダイ
僕たちとアイドルの時代
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

批判の的になった「AKB商法」こそが、新時代の鍵だった!
「AKB商法」という言葉があります。CDを複数枚買ってもらうことを前提としたこのリリース形式は、AKB48を筆頭にグループアイドルの躍進をもたらすと同時に、激しい批判にさらされてもいます。はたして、彼女たちの人気はまがい物で、アイドルなど取るにたらない存在なのでしょうか? 本書ではそのような批判を念頭に置きつつ’70年代から現在までのヒットチャートに基づき、日本のポップミュージックの歴史を振り返っていきます。そこから見えてきたのは、アイドルと「AKB商法」こそが音楽産業を救ったという意外な事実でした。そう、今や「僕たちとアイドル」こそが、新たな時代をもたらしているのです。

製品情報

製品名 僕たちとアイドルの時代
著者名 著:さやわか
発売日 2015年01月23日
価格 定価 : 本体840円(税別)
ISBN 978-4-06-138564-1
通巻番号 59
判型 新書
ページ数 288ページ
シリーズ 星海社新書
初出 本書は2013年6月に大洋図書より出版された『AKB商法とは何だったのか』を改題・改訂し、新たに一章を書き下ろしたうえ、新書化したものです。

著者紹介

著:さやわか(サヤワカ)

ライター、評論家
1974年北海道生まれ。大学卒業後、音楽業界・出版業界での会社勤務を経て執筆活動に入り、ライターとして『クイック・ジャパン』『ユリイカ』などを舞台に、ゼロ年代以降のカルチャーの変容を肌身で感じながら幅広い分野について評論を行う。初の単著『僕たちのゲーム史』(星海社新書)では、独自の文脈でコンピューターゲームの30年史を提示し絶賛を浴びた。本書は『AKB商法とは何だったのか』(大洋図書)を増補改訂した完全版である。他の著作に『一〇年代文化論』(星海社新書)、『西島大介のひらめき☆マンガ学校』(講談社、共著)がある。現在は、星海社新書で完全新作を準備中。ツイッターは@someru

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス