クトゥルーの呼び声

星海社FICTIONS
クトゥルーノヨビゴエ
クトゥルーの呼び声
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

怪奇小説作家H・P・ラヴクラフトが創始し、人類史以前に地球へと飛来した邪神たちが齎す宇宙的恐怖を描いた
架空の神話大系〈クトゥルー神話〉。
その誕生100周年を記念し、クトゥルーと異形の神々が瞑る海にまつわる恐怖を描いた傑作群が、新たな装いで蘇
る――。
悍ましい半人半魚の巨人との接触を描いた最初のクトゥルー神話作品「ダゴン」、浅浮彫を手がかりに謎の教団の
幻影を追う表題作「クトゥルーの呼び声」、クトゥルー崇拝の起源へと遡る「墳丘」、クトゥルーを崇拝する〈ダ
ゴン秘儀教団〉の暗躍を曝いた「インスマスを覆う影」......。
“クトゥルー・オリジン”(神話の原点)にして、いずれ劣らぬ傑作7+1編を、森瀬繚による完全新訳で収録。
新たな探索者たちよ、来たれ。いま、海底から目醒めた邪神が呼び声を響かせる――!
〔収録作品〕
・ダゴン Dagon
・神殿 The Temple 
・マーティンズ・ビーチの恐怖 The Horror at Martin’s Beach
・クトゥルーの呼び声 The Call of Cthulhu
・墳丘 The Mound
・インスマスを覆う影 The Shadow over Innsmouth
・永劫より出でて Out of the Aeons
・挫傷 The Bruise(H・S・ホワイトヘッドとの合作)
〔訳者からの紹介〕
本書は「クトゥルー神話に興味があるんだけど、何から読み始めればいいの?」という需要に応えるエントリー・
ノベルブックを想定し、H・P・ラヴクラフトの手がけた作品から海洋とクトゥルー神の恐怖にまつわる「ダゴ
ン」以下の7作品を選り抜き、執筆順に収録した500ページ近くの連作小説風作品集です。ラヴクラフトがプロッ
トを提供したH・S・ホワイトヘッドの同テーマ作品、「挫傷」(商業初訳)も併せて収録しました。訳注や年
表、地図などはもちろん、関連用語の索引まで備えた資料性重視の、既に読まれている方にも楽しみどころのある
一冊です。

製品情報

製品名 クトゥルーの呼び声
著者名 訳:森瀬 繚 著:H.P.ラヴクラフト 絵:中央東口
発売日 2017年11月16日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-510769-0
判型 B6
ページ数 480ページ
シリーズ 星海社FICTIONS

著者紹介

訳:森瀬 繚(モリセ リョウ)

世界の神話・歴史・創作物に卓抜した造詣を発揮し、書籍や雑誌の企画・編集、NitroplusやTYPE-MOONでの資料検証をはじめゲームソフトの世界観構築や設定考証に携わるほか、創作まで手がける。
なかでもクトゥルー神話に通暁し、『図解 クトゥルフ神話』(編著・新紀元社)、『H・P・ラヴクラフト大事典』(日本語版監修・エンターブレイン)、『クトゥルーの子供たち』(翻訳・KADOKAWA)など数多くの編著書がある。

著:H.P.ラヴクラフト(H.P.ラヴクラフト)

1890年、アメリカロードアイランド州に生まれる。
宇宙的恐怖(コズミック・ホラー)を提唱し、怪奇小説専門誌〈ウィアード・テイルズ〉で活躍するも、作家としては不遇のうちに1937年に死没。
彼の作品を母胎とし、架空の固有名詞を共有して紡がれる架空の神話大系・クトゥルー神話は、同時代、そして後世の作家の手で書き繋がれ、現在に至るまでその影響力を拡大し続けている。

絵:中央東口(チュウオウヒガシグチ)

『鬼哭街』、『沙耶の唄』、『吸血殲鬼ヴェドゴニア』など、Nitroplusの代表的ゲーム作品のキャラクターデザイン・原画を務める。『沙耶の唄』ではクトゥルー神話のエッセンスを湛えた世界観を美麗かつ惨憺たるイラストで彩った。
イラストを担当した小説作品に、『アイゼンフリューゲル』(小学館)、『魔術師スカンクシリーズ』(星海社)などがある。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス
  • ローチケHMV