日本がバカだから戦争に負けた 角川書店と教養の運命

星海社新書
ニホンガバカダカラセンソウニマケタカドカワショテントキョウヨウノウンメイ
日本がバカだから戦争に負けた 角川書店と教養の運命
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「角川書店」論=戦後日本文化論の決定版!
日本がバカだったから戦争に負けた。そう考えた角川書店創業者・角川源義は、戦後日本の「教養」の復興をめざし、角川文庫を創刊する。二代目角川春樹の「大衆文化」、三代目角川歴彦の「オタク文化」、そして四代目となるドワンゴ代表・川上量生の「工学的知」と角川4代は「教養」をいかに変貌させたのか。戦後日本の「知」の運命とその将来を見通す。『「おたく」の精神史』と『二階の住人とその時代』に続く、大塚英志にしか書けない〈八〇年代サブカルチャー私史三部作〉完結編にして、メディアの未来を予言する必読書。

製品情報

製品名 日本がバカだから戦争に負けた 角川書店と教養の運命
著者名 著:大塚 英志
発売日 2017年10月26日
価格 定価 : 本体1,000円(税別)
ISBN 978-4-06-510553-5
判型 新書
ページ数 272ページ
シリーズ 星海社新書

著者紹介

著:大塚 英志(オオツカ エイジ)

まんが原作者・批評家
1958年東京都生まれ。まんが原作者としての近作に『クウデタア〈完全版〉』『恋する民俗学者』(http://comic-walker.com/)、海外のまんがアニメ研究者の日本語による投稿論文に門戸を開く研究誌『トビオクリティクス』を主宰。批評家としての近著に『感情化する社会』、『まんがでわかるまんがの歴史』、『動員のメディアミックス』(編著)など。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス
  • ローチケHMV