ペンローズのねじれた四次元〈増補新版〉 時空はいかにして生まれたのか

ブルーバックス
ペンローズノネジレタヨジゲンゾウホシンパンジクウハイカニシテウマレタノカ
  • 電子あり
ペンローズのねじれた四次元〈増補新版〉 時空はいかにして生まれたのか
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

読み始めたら止まらない! 疾走する時空のミステリー。

竹内薫衝撃のデビュー作。
新章を加えてバージョンアップ!


現代物理学の奇才=ロジャー・ペンローズの宇宙観を、エキサイティングに解きほぐす――。

相対論と量子論の“はざま”に生まれた鬼っ子「スピノール」。

この奇妙な“物体”を無数に集めてネットワーク化すると、そこに「時空」が生まれる!?

私たちの宇宙はなぜ「四」次元なのか?

そして、四次元だけがもつ特異な性質とは?

宇宙の終わりに「次の宇宙」の始まりがある世界。

相対論と量子論は、果たして「ねじれた四次元」で邂逅するのか。

目次

  • プロローグ 鍵
  • 第1章  あるけど見えないローレンツ収縮――特殊相対性理論の世界
  • 第2章  ブラックホールと特異点――一般相対性理論の世界
  • 第3章  シュレディンガーの猫――量子力学の世界
  • 第4章  ツイスターの世界――相対論と量子論
  • 第5章  ゆがんだ四次元――時空の最終理論をめざして
  • 第6章 ペンローズの「とんでもない」宇宙観――共形循環宇宙論の世界

製品情報

製品名 ペンローズのねじれた四次元〈増補新版〉 時空はいかにして生まれたのか
著者名 著:竹内 薫
発売日 2017年12月13日
価格 定価 : 本体1,080円(税別)
ISBN 978-4-06-502040-1
判型 新書
ページ数 304ページ
電子版製品名 ペンローズのねじれた四次元〈増補新版〉 時空はいかにして生まれたのか
シリーズ ブルーバックス

著者紹介

著:竹内 薫(タケウチ カオル)

サイエンス作家。1960年生まれ。東京大学教養学部教養学科、同大学理学部物理学科卒業。マギル大学大学院博士課程修了(高エネルギー物理学専攻、理学博士)。「たけしのコマ大数学科」(フジテレビ)、「サイエンスZERO」(NHKEテレ)など、テレビでの科学コミュニケーションでもお馴染み。主な著書に『量子重力理論とはなにか』『超ひも理論とはなにか』(いずれもブルーバックス)などがある。YES International School校長も務める。

おすすめの本

オンライン書店で見る