DNAの98%は謎 生命の鍵を握る「非コードDNA」とは何か

ブルーバックス
ディーエヌエーノ98パーセントハナゾセイメイノカギヲニギルヒコードディーエヌエートハナニカ
  • 電子あり
DNAの98%は謎 生命の鍵を握る「非コードDNA」とは何か
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

●サルとヒトで遺伝子はほとんど同じなのに、なぜ見た目はこんなにも違うのだろう?
ヒトゲノム(ヒトの全遺伝情報)のうち、遺伝子部分はわずか2%。残りの98%は「非コードDNA」と呼ばれ、意味のない無駄なものと長らく考えられてきました。意味がない=ゴミということで「ジャンクDNA」とさえ呼ばれていたのです。ところが、じつはこの”ゴミ”こそが生命の不思議に迫る重要な役割を担っていることが近年になって分かってきました。サルとヒトの違いを生み出し、老化と寿命に関わり、進化の原動力ともなる「非コードDNA」の仕組み、そして驚きの発見の数々をエピソード豊富に紹介します。

【著者紹介】小林武彦(こばやし・たけひこ)
1963年生まれ。九州大学大学院修了(理学博士)、基礎生物学研究所、米国ロシュ分子生物学研究所、米国国立衛生研究所、国立遺伝学研究所を経て、東京大学分子細胞生物学研究所教授。日本遺伝学会会長。科研費新学術領域研究「ゲノムを支える非コードDNA領域の機能」代表。生命の連続性を支えるゲノムの再生(若返り)機構を解き明かすべく日夜研究に励む。海と演劇をこよなく愛する。著書に『寿命はなぜ決まっているのか──長生き遺伝子のヒミツ』(岩波書店)など。

~~「はじめに」より~~
 あなたの体で無駄な部分はありますか?
 私の場合はお腹についた脂肪くらいで、他の部分はないと困るところばかりです。髪の毛はだいぶ薄くなってきましたが、別にいらないわけではありません。「日除け」としても働いているし、全部なくなると冬はおそらく寒いです。(中略)
 進化の法則によると、「個体」のレベルでは環境に適応できたものは生き残り、そうでないものは絶滅していきます。この法則からすれば、体の中には不要なものなどあるはずがないということになります。(中略)
 ところが、じつはヒトゲノムの98%は「遺伝子」の情報を持たない領域だったのです。いわば「意味のない無駄な情報」といえます。しかし、生物はこんな無駄を許すのでしょうか? じつはこの領域こそが生命を誕生させ、ヒトをヒトたらしめ、進化の原動力として働いた重要な装置であることが分かってきました。本書ではこの謎に満ちた暗黒領域「非コードDNA」に光をあて、最新の情報をもとにその役割について解説します。

製品情報

製品名 DNAの98%は謎 生命の鍵を握る「非コードDNA」とは何か
著者名 著:小林 武彦
発売日 2017年10月18日
価格 定価 : 本体920円(税別)
ISBN 978-4-06-502034-0
判型 新書
ページ数 208ページ
電子版製品名 DNAの98%は謎 生命の鍵を握る「非コードDNA」とは何か
シリーズ ブルーバックス

オンライン書店で見る