佐藤文隆先生の量子論 干渉実験・量子もつれ・解釈問題

ブルーバックス
サトウフミタカセンセイノリョウシロンカンショウジッケンリョウシモツレカイシャクモンダイ
  • 電子あり
佐藤文隆先生の量子論 干渉実験・量子もつれ・解釈問題
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

アインシュタイン方程式の「トミマツ‐サトウ解」の発見で世界的に知られる著者が、量子力学の本質に迫る!

最先端の量子力学実験は、我々の科学認識に大きな変更を要求している。
「観測」とはなにか? 「物理量」は実在するのか?
二重スリット実験を巧妙に発展させた、最先端の干渉実験はなにを教えてくれるのか?
量子力学の腑に落ちない感覚を見つめ直す、佐藤文隆先生による新しい量子論。

目次

  • 序章 傍観者か参加者か?
  • 第1章 量子力学とアインシュタイン
  • 1-1 アインシュタインの揺さぶり
  • 1-2 普遍的世界を脅かす観測者の登場
  • 1-3 量子力学の展開
  • 1-4 量子力学の大躍進
  • 第2章 状態ベクトルと観測による収縮
  • 2-1 量子力学の三要素、対象とモデル
  • 2-2 波動関数と状態ベクトル
  • 2-3 状態ベクトルの変化
  • 2-4 2量子状態――ビットとqビット
  • 2-5 エンタングル状態
  • 2-6 光子の偏光状態
  • 2-7 スピンを斜めに測る
  • 第3章 量子力学実験──干渉とエンタングル
  • 3-1 干渉実験――二重スリットとマッハ・ツェンダー干渉計
  • 3-2 「どちらを通ったか」をチェック――KYKS実験
  • 3-3 HOM実験
  • 3-4 ZWM実験
  • 3-5 EPRエンタングルメント
  • 3-6 GHZ――スピン三体エンタングルメント
  • 第4章 物理的実在と「解釈問題」
  • 4-1 EPR論文のいう実在
  • 4-2 素朴実在論の踏み絵
  • 4-3 量子力学の解釈問題
  • 4-4 量子力学の理論的部品
  • 4-5 「状態ベクトル」の見方で分類する
  • 4-6 思想問題と情報テクノロジー
  • 4-7 「整合歴史」と「デコヒーレンス」
  • 第5章 ジョン・ホイラーと量子力学
  • 5-1 ジョン・ホイラー追悼文
  • 5-2 物理学の核心を追って
  • 終章 量子力学に学ぶ

製品情報

製品名 佐藤文隆先生の量子論 干渉実験・量子もつれ・解釈問題
著者名 著:佐藤 文隆
発売日 2017年09月20日
価格 定価 : 本体980円(税別)
ISBN 978-4-06-502032-6
判型 新書
ページ数 224ページ
電子版製品名 佐藤文隆先生の量子論 干渉実験・量子もつれ・解釈問題
シリーズ ブルーバックス

著者紹介

著:佐藤 文隆(サトウ フミタカ)

1938年、山形県生まれ。1960年京都大学理学部卒業。京都大学教授を経て、現在同大学名誉教授。専攻は一般相対論、宇宙物理学。トミマツ・サトウ解の発見など多くの業績をあげた。著書に『アインシュタインの反乱と量子コンピュータ』(京都大学学術出版会)、『孤独になったアインシュタイン』(岩波書店)、『量子力学は世界を記述できるか』(青土社)など。

おすすめの本

オンライン書店で見る