くぼた式0ヵ月~12ヵ月の 脳を鍛える育児ダイアリー

講談社の実用書
クボタシキ0カゲツカラ12カゲツノノウヲキタエルイクジダイアリー
くぼた式0ヵ月~12ヵ月の 脳を鍛える育児ダイアリー
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

脳科学の権威、久保田競先生と、奥様で「脳科学おばあちゃん」として有名な久保田カヨ子先生監修の育児ダイアリーができました。
 赤ちゃんの脳には、目や皮膚、耳などから受け取った情報を伝える働きをする神経細胞が、120億個存在します。これは大人の神経細胞の数と同じくらいですが、まだ働いていません。しかし、脳を働かせると神経細胞がつながり、神経回路ができ、さまざまな働きが可能になっていきます。毎日、さまざまな働きかけをしながら、ママと赤ちゃんが心を通わせられるように、と考案されたのが、本書で紹介する「育脳エクササイズ」です。
 本書に赤ちゃんの日々の記録をしながら、紹介しているエクササイズをすると、賢い子に育ちます。カヨ子ばあちゃんの語録つき。「賢い子に育てたい」と願うママ、必携の一冊です!

目次

  • はじめに
  • 育脳について
  • おむつ体操
  • 0-12ヵ月 各月齢の育脳エクササイズ
  • 生まれた時の記録
  • 育児ダイアリーの使い方
  • 育児ダイアリー 0-12ヵ月
  • 0ヵ月
  • 1ヵ月
  • 2ヵ月
  • 3ヵ月
  • 4ヵ月
  • 5ヵ月
  • 6ヵ月
  • 7ヵ月
  • 8ヵ月
  • 9ヵ月
  • 10ヵ月
  • 11ヵ月
  • 12ヵ月
  • 赤ちゃんの1年のまとめ
  • お祝いリスト
  • 成長アルバム
  • 赤ちゃんの成長記録
  • 成長グラフ
  • 記念日の記録
  • 1年を振り返って

製品情報

製品名 くぼた式0ヵ月~12ヵ月の 脳を鍛える育児ダイアリー
著者名 監:久保田競 監:久保田カヨ子
発売日 2016年01月19日
価格 定価 : 本体1,800円(税別)
ISBN 978-4-06-299841-3
判型 B20取
ページ数 196ページ
シリーズ 講談社の実用BOOK

著者紹介

監:久保田競(クボタキソウ)

1932年、大阪生まれ。京都大学名誉教授、医学博士。1957年に東京大学医学部卒業後、同大学院に進学。当時、脳研究の第一人者であった時実利彦教授に師事し、脳神経生理学を学ぶ。大学院3年目に米国・オレゴン州立医科大学に留学。J・M・ブルックハルト教授のもとで、脳科学における世界最先端の研究に従事。帰国後、東京大学大学院を経て、1967年に京都大学霊長類研究所神経生理研究部門助教授に就任。1973年、同教授に就任し、同研究所所長を歴任する。1996年、定年により退官、同大学名誉教授に就任。その後、日本福祉大学情報社会科学部教授、同大学院教授を経て、2007年より国際医学技術専門学校副校長に就任、現在に至る。特定医療法人大道会・森之宮病院顧問。日立製作所中央研究所(旧基礎研究所)顧問。ブレインサイエンス振興財団理事。2011年、瑞宝中授章受章。
朝4時半起きで仕事をする「朝活」を50年以上実践。ジョギングは30年以上、毎日続けている。
著書に「天才脳を鍛える3・4・5歳教育」(大和書房)、「あなたの脳が9割変わる! 超「朝活」法」(ダイヤモンド社)など多数。

監:久保田カヨ子(クボタカヨコ)

1932年、大阪生まれ。脳科学の権威である京都大学名誉教授・久保田競氏の妻で二人の息子の母。約30年前に、日本における伝統的な母子相伝の育児法を見直しながら、自身がアメリカ在住時と日本で実践してきた出産・育児経験をもとに、夫・競氏の脳科学理論に裏づけされた、“0歳から働きかける”久保田式育児法〈クボタメソッド〉を確立。テレビなどで“脳科学おばあちゃん”として有名。
2008年、株式会社「脳研工房」を立ち上げ、現在代表取締役。著書に「カヨ子ばあちゃん73の言葉」(ダイヤモンド社)、競氏との共著書に、「脳科学おばあちゃん久保田カヨ子先生の誕生から歩くまで0~1才 脳を育むふれあい育児」(主婦の友社)、監修にクラシックCD「カヨ子おばあちゃんの元気なクラシック」(エイベックス)などがある。
ズバッとした物言いのなかに、温かく頼りがいのあるアドバイスが好評。全国からの講演依頼もあとをたたない。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス
  • ローチケHMV