「幸せ三昧」のカジュアル和食 中山流 味のサプライズ

講談社のお料理BOOK
シアワセザンマイノカジュアルワショクナカヤマリュウアジノサプライズ
  • 電子あり
「幸せ三昧」のカジュアル和食 中山流 味のサプライズ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

恵比寿の人気和食店「幸せ三昧」の店主・中山幸三氏は、
グラフィックデザイナーから転身して笠原将弘氏(「賛否両論」店主)の一番弟子として卓越したセンスを発揮し、わずか7年で独立しました。
店名通り、食べた人を幸せな気持ちにする料理の達人です。

「おいしいものを作りたい人たちが、料理を楽しむヒントにしてほしい」
と手がけた初の著書では、よくあるモノでパパッと作れるけれど、
ひと手間でちゃんとおいしい和食に仕上がる69レシピを提案。
食材の意外な組み合わせや洋食テクなどの新発想で、
ボリュームたっぷりなのも嬉しい!

目次

  • 〈1章 組み合わせが新鮮! 和のおかず〉
  • 鶏とアボカドの新幽庵焼き、トマト肉豆腐、豚肉のみそ漬け焼き 煮りんご添え、かじきの照り焼き とろろがけ etc.
  • 〈2章 季節を味わう ボリュームおかず〉 
  • 春/アスパラと豚肉の塩麹バター炒め、さわらと竹の子のさんしょうマヨ焼き
  • 夏/夏野菜と豚肉のみそ炒め、まぐろとトマトののりつくだ煮あえ
  • 秋/きのことささ身のごま酢あえ、さんまのごまじょうゆ焼き 
  • 冬/鶏手羽と白菜のトロトロ煮、豚角煮 つぶしじゃが添えetc.
  • 〈3章 洋食テクで こくうま和食〉
  • ポークソテー トマト赤みそソース、和風ローストビーフ、鶏肉と里芋のカレーグラタン etc.
  • 〈4章 野菜を食べたければ 定番の和の副菜〉
  • セロリのカレーきんぴら、ミニトマトのおひたし、長芋ときのこの焼きびたし、カリフラワーとベーコンのからしあえ etc.

製品情報

製品名 「幸せ三昧」のカジュアル和食 中山流 味のサプライズ
著者名 著:中山幸三
発売日 2016年09月15日
価格 定価 : 本体1,300円(税別)
ISBN 978-4-06-299679-2
判型 B5
ページ数 80ページ
電子版製品名 「幸せ三昧」のカジュアル和食 中山流 味のサプライズ
シリーズ 講談社のお料理BOOK

著者紹介

著:中山幸三(ナカヤマコウゾウ)

1974年東京都生まれ。27歳のときに笠原将弘氏(「賛否両論」店主)と出会い、グラフィックデザイナーから料理人への転身を決意。笠原氏の一番弟子として「とり将」で修業し、2004年の「賛否両論」開店時から店を盛りたててきた。2009年に独立し、自身の店「幸せ三昧」をオーブンする。おいしくてカジュアルな和食を提案し、あっという間に予約の取りにくい店に。店名は、幸三の“幸”と“三”をとって命名。

オンライン書店で見る