「使いきる。」レシピ 有元葉子の”しまつ”な台所術

講談社のお料理BOOK
ツカイキルレシピアリモトヨウコノシマツナダイドコロジュツ
  • 電子あり
「使いきる。」レシピ 有元葉子の”しまつ”な台所術
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「“買って、捨てる”暮らしはもうやめにしましょう」。

ものをとことん使いきる。食材もそう。野菜の葉っぱも皮もおいしく食べることで、わたしたちの暮らしは本当の豊かさと楽しさを取り戻す。
有元葉子のおしゃれな生活の根っこある“しまつ”の哲学。大ヒットの前著『使いきる。』の実践篇であるこの本には、ひとり・ふたり暮らしでもおいしく「食べきる」ヘルシーですてきなレシピや知恵が満載。

目次

  • 「残りもの」はありません。
  • 1葉も茎も外側も内側も おいしく「食べきる。」
  • しいたけは軸もおいしい。/セロリの葉はいくらだって欲しい。/にんじんの葉をためておく理由。/豆ご飯はさやも使って。/わたし流”しまつ”。/「塩もみ」という知恵。/葉っぱも皮も大根です。/ひとり分にきゅうり3本。/常識破りのレモンティー。/たとえば芽の出た里芋だって。/ハーブをたくさん食べる国がお手本。   など
  • 2まとめ仕事のすすめ
  • まず大事なのは、かつおだしをとること。/煮干しを水だしにする。/トマトを煮てソースを作る。/おかゆを炊いて冷凍する。/豆をゆでて冷凍する。   など
  • 3ひとり暮らしのわたしの食べ方
  • 朝は食べたいものを。/わたし流「食の立て直し」。/買い物から帰ったら。/野菜を何日も保たせるとっておきの方法。/自家製一夜干し。/ひとり暮らしでも丸鶏を。/ひとりふたりの野菜の食べ方。/海藻の積極的な食べ方。   など
  • 4「使いきる」ための包丁研ぎ 
  • 包丁は研ぐものです。/「コツはひとつ、”バリ”が出るまで研ぐこと」。/研いで、ちっちゃくなる日まで。   など
  • 楽しく豊かに生きるために。
  • *様々な食材をあますことなく「おいしく食べきる」レシピやコラムはもちろん、道具の使い方やちょっとした工夫まで、素材・道具・時間・からだ・頭をちゃんと使いきる実践術が満載!

製品情報

製品名 「使いきる。」レシピ 有元葉子の”しまつ”な台所術
著者名 著:有元 葉子
発売日 2015年02月26日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-299629-7
判型 B5変型
ページ数 128ページ
電子版製品名 「使いきる。」レシピ 有元葉子の”しまつ”な台所術
シリーズ 講談社のお料理BOOK

著者紹介

著:有元 葉子(アリモト ヨウコ)

料理研究家。専業主婦時代、3人の娘の母として、家族のために日々作る料理の面白さに目覚め、いつしか料理研究家に。すぐに役立つレシピ同様、「本当にいい道具が少ないから」と、メーカーと共同開発するキッチン用品「ラバーゼ」で、もの作りにも真剣に取り組んでいる。
著書には『使いきる。』(講談社)ほか多数。

オンライン書店で見る