鉄道探偵団 まぼろしの踊り子号

講談社ノベルス
テツドウタンテイダンマボロシノオドリコゴウ
  • 電子あり
鉄道探偵団 まぼろしの踊り子号
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

東京・新橋にある「TETSU」は鉄道ファンが集うこだわりの喫茶店。そこに持ち込まれる鉄道絡みの不思議な事件の数々……。挑むはマスターの安藤徹雄、「鉄道探偵」を名乗るライターの伊賀和志とその妹・さくら、そして個性豊かなテツの常連客たち。驚きあり、感動ありの五つの事件にあなたも一緒に挑んでみませんか?奇才・倉阪鬼一郎が新たに贈る新感覚ユーモア鉄道ミステリ、ここに開幕!

製品情報

製品名 鉄道探偵団 まぼろしの踊り子号
著者名 著:倉阪 鬼一郎
発売日 2017年10月05日
価格 定価 : 本体920円(税別)
ISBN 978-4-06-299109-4
判型 新書
ページ数 232ページ
電子版製品名 鉄道探偵団 まぼろしの踊り子号
シリーズ 講談社ノベルス

著者紹介

著:倉阪 鬼一郎(クラサカ キイチロウ)

1960年三重県伊賀市生まれ。早稲田大学第一文学部卒。1987年、短編集『地底の鰐、天上の蛇』でデビュー。1998年に『赤い額縁』を刊行後、ミステリーとホラーを中心に多彩な作品を精力的に発表。
2010年『三崎黒鳥館白鳥館連続密室殺人』で第3回世界バカミス☆アワードを受賞。
『四重奏』『四神金赤館銀青館不可能殺人』『五色沼黄緑館藍紫館多重殺人』も年末の本格ミステリー系のムックにランクイン。
『十三の黒い椅子』『新世界崩壊』『不可能楽園<蒼色館>』『八王子七色面妖館密室不可能殺人』『波上館の犯罪』『桜と富士と星の迷宮』なども高く評価されている。

オンライン書店で見る