巨大幽霊マンモス事件

講談社ノベルス
キョダイユウレイマンモスジケン
  • 電子あり
巨大幽霊マンモス事件
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「四半世紀も続くシリーズの最新作で新たな傑作を生み出した」
--飯城勇三(翻訳者・評論家/巻末評論より)

ロシア革命から数年経ったシベリア奥地。
逃亡貴族たちが身を隠す<死の谷>と呼ばれた辺境へ
秘密裏に物資を運ぶ<商隊>と呼ばれる一団がいた。
その命知らずな彼らさえも、恐怖に陥る事件が発生!
未知なる殺人鬼の執拗な追跡、連続する密室殺人、
<死の谷>に甦った巨大マンモス……。

常識を超えた不可解な未解決事件を
名探偵・二階堂蘭子が鮮やかに解き明かす!

二階堂黎人作家生活25周年記念特別企画
評論「二階堂蘭子シリーズの四半世紀」(飯城勇三)を収録!

目次

  • 前段
  •   譫言 アレクサンドル・アヴィロフ
  •   伝聞 ツァギール・ペントロヴィッチ
  •   〈夢見〉たち
  • 現代
  •   〈殺人芸術会〉
  • 記録
  •   回想1 ルカ・フロローフ
  •   回想2 ルカ・フロローフ
  •   回想3 セルゲイ・エフルーシ
  •   事件1 ルカ・フロローフ
  •   事件2 セルゲイ・エフルーシ
  •   事件3 ルカ・フロローフ
  •   事件4 ルカ・フロローフ
  •   事件5 ルカ・フロローフ
  •   〈死の谷〉1 セルゲイ・エフルーシ
  •   〈死の谷〉2 セルゲイ・エフルーシ
  •   〈死の谷〉3 ルカ・フロローフ
  •   〈死の谷〉4 セルゲイ・エフルーシ
  •   〈死の谷〉5 セルゲイ・エフルーシ
  • 解決
  •   蘭子の推理1
  •   蘭子の推理2
  •   蘭子の推理3
  • 後段
  •   結末1 セルゲイ・エフルーシ
  •   結末2 シュペア少尉
  •   好事家へノート
  •  <二階堂黎人作家生活二十五周年記念企画> 
  •   評論「二階堂蘭子シリーズの四半世紀」 飯城勇三

製品情報

製品名 巨大幽霊マンモス事件
著者名 著:二階堂 黎人
発売日 2017年09月07日
価格 定価 : 本体1,000円(税別)
ISBN 978-4-06-299103-2
判型 新書
ページ数 336ページ
電子版製品名 巨大幽霊マンモス事件
シリーズ 講談社ノベルス

著者紹介

著:二階堂 黎人(ニカイドウ レイト)

1959年7月19日、東京都に生まれる。中央大学理工学部卒業。在学中は「手塚治虫ファンクラブ」会長を務める。
1990年に第1回鮎川哲也賞で『吸血の家』(講談社文庫所収)が佳作入選。1992年に『地獄の奇術師』でデビューし、推理小説界の注目を大いに集める。全4部からなる長大な本格推理小説『人狼城の恐怖』は1999年版の本格ミステリベスト10の第1位を獲得した。
近著に『アイアン・レディ』(原書房)、『亡霊館の殺人』、『僕らが愛した手塚治虫 《復活編》』(南雲堂)がある。また「10歳までに読みたい名作ミステリー 怪盗アルセーヌ・ルパン」シリーズの編著も務める。

オンライン書店で見る