ベスト本格ミステリ2017

講談社ノベルス
ベストホンカクミステリ2017
  • 電子あり
ベスト本格ミステリ2017
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

本格ミステリ作家クラブが選んだ2016年のベスト本格ミステリ短編&評論のすべて!

小説◎
何かが足りない方程式  天野暁月
早朝始発の殺風景  青崎有吾
もう誰も使わない  西澤保彦
鼠でも天才でもなく  似鳥 鶏 
言の葉(コトノハ)の子ら  井上真偽
交換日記  葉真中 顕
シヴィル・ライツ  佐藤 究
琥珀の心臓(ハート)を盗ったのは  青柳碧人
佐賀から来た男  伊吹亜門
もしかあんにゃのカブトエビ  倉狩 聡

評論◎
『日常の謎』と隠密--瀬川コウ『謎好き乙女と奪われた青春』論  諸岡卓真

解説◎
ベスト本格ミステリ2017解説  廣澤吉泰

製品情報

製品名 ベスト本格ミステリ2017
著者名 編・選:本格ミステリ作家クラブ
発売日 2017年06月08日
価格 定価 : 本体1,580円(税別)
ISBN 978-4-06-299098-1
判型 新書
ページ数 496ページ
電子版製品名 ベスト本格ミステリ2017
シリーズ 講談社ノベルス
初出 天野暁月「何かが足りない方程式」…「ミステリーズ!」78号(2016.8)、青崎有吾「早朝始発の殺風景」…「小説すばる」1月号(2016.1)、西澤保彦「もう誰も使わない」…「小説幻冬」11月号(2016.11)、似鳥鶏「鼠でも天才でもなく」…「小説 野性時代」6月号(2016.5)、井上真偽「言の葉(コトノハ)の子ら」…「小説すばる」8月号(2016.8)、葉真中顕「交換日記」…「読楽」10月号(2016.10)、佐藤究「シヴィル・ライツ」…「小説現代」9月号(2016.9)、青柳碧人「琥珀の心臓(ハート)を盗ったのは」…「ミステリーズ!」77号(2016.6)、伊吹亜門「佐賀から来た男」…「ミステリーズ!」80号(2016.12)、倉狩聡「もしかあんにゃのカブトエビ」…「小説宝石」2月号(2016.1)、<評論>諸岡卓真「「日常の謎」と隠密――瀬川コウ『謎好き乙女と奪われた青春』論」…「層 ―映像と表現」vol.9(2016.9)

著者紹介

編・選:本格ミステリ作家クラブ(ホンカクミステリサッカクラブ)

本格ミステリ作家クラブとは――
本格ミステリというジャンルのさらなる発展を目指し、2000年に設立された団体。年間の最優秀本格ミステリ作品を表彰する「本格ミステリ大賞」を創設し、その運営をおこなっている。初代会長を北村薫氏、2代目会長を有栖川有栖氏、3代目会長を辻真先氏がつとめ、現会長を法月綸太郎氏がつとめる。現在、推理作家・評論家・漫画家など約180名が所属している。

オンライン書店で見る