伽藍堂の殺人 ~Banach-Tarski Paradox~

講談社ノベルス
ガランドウノサツジンバナッハタルスキパラドクス
  • 電子あり
伽藍堂の殺人 ~Banach-Tarski Paradox~
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

メフィスト賞受賞シリーズ、早くも第四弾!

警察庁キャリアの宮司司は、大学院生の妹・百合子とともに
宗教施設として使われた、二つの館が佇む島――伽藍島を訪れる。
島には、数学界史上最大の難問・リーマン予想の解法を求め、
天才・善知鳥神や、放浪の数学者・十和田只人も招待されていた。
不吉な予感を覚える司をあざ笑うかのように、講演会直後、
招かれた数学者が姿を消し、死体となって発見される。
だが、その死体は、瞬間移動したとしか思われず……?
張り巡らされた謎が一点に収束を始める、シリーズの極点!

製品情報

製品名 伽藍堂の殺人 ~Banach-Tarski Paradox~
著者名 著:周木 律
発売日 2014年09月03日
価格 定価 : 本体920円(税別)
ISBN 978-4-06-299022-6
判型 新書
ページ数 272ページ
電子版製品名 伽藍堂の殺人 ~Banach-Tarski Paradox~
シリーズ 講談社ノベルス

著者紹介

著:周木 律(シュウキ リツ)

某国立大学工学部建築学部卒業。『眼球堂の殺人 ~The Book~』で第47回メフィスト賞を受賞しデビュー。本作は『双孔堂の殺人 ~Double Torus~』『五覚堂の殺人 ~Burning Ship~』に続く、シリーズ4作目となる。

オンライン書店で見る