ラン迷宮 二階堂蘭子探偵集

講談社ノベルス
ランメイキュウ
ラン迷宮 二階堂蘭子探偵集
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

非業の死をとげた著名画家。
愛と芸術に生きた報いか――
12年を経て、迷宮の扉が開く。

完全復活した二階堂蘭子が「ランの謎」に挑む!

「魔王ラビリンス」の脅威が取り払われた後、
探偵活動を再開した二階堂蘭子に、
洋蘭の栽培をする賀来慎児(がらいしんじ)と
その叔母が脅迫されている、という相談があった。
慎児の父・賀来レオナは、
著名な西洋画家だったが、12年前に不審死をとげ、
その直後、母も服毒自殺していた。脅迫と何か関連が? 
そして慎児が住む「蘭の家」に向かった蘭子を
待っていたのはレオナの3人の愛人たちだった。
――「蘭の家の殺人」など3編を収録した待望の作品集!

目次

  • 泥具根博士の悪夢
  • 蘭の家の殺人
  • 青い魔物

製品情報

製品名 ラン迷宮 二階堂蘭子探偵集
著者名 著:二階堂 黎人
発売日 2014年04月02日
価格 定価 : 本体980円(税別)
ISBN 978-4-06-299014-1
判型 新書
ページ数 288ページ
シリーズ 講談社ノベルス