デッドマンズショウ 心霊科学捜査官

講談社タイガ
デッドマンズショウシンレイカガクソウサカン
  • 電子あり
デッドマンズショウ 心霊科学捜査官
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

呪いの映画VS.霊捜研!
出演者が必ず死ぬ映画の謎に、心霊科学が挑む。

映画監督・小平千手が撮影する映画『生きている人達』シリーズの出演者が次々にバラバラ死体で発見された。映画にかけられた呪いなのか。陰陽師にして心霊科学捜査官の御陵清太郎(みささぎせいたろう)と捜査零課の刑事・音名井高潔(おとないたかきよ)が捜査に乗り出すが、謎は深まるばかり。無情にも新作の撮影が続行されるなか、次の犠牲者を防ぐために霊捜研の研究員・曳月柩(ひきつきひつぎ)が出したとんでもない提案とは・・・!?

進化する鬼才・柴田勝家が贈る、SF+ミステリの最先端! 心霊捜査ミステリ第2弾!

製品情報

製品名 デッドマンズショウ 心霊科学捜査官
著者名 著:柴田 勝家 絵:巖本 英利
発売日 2017年07月19日
価格 定価 : 本体720円(税別)
ISBN 978-4-06-294078-8
判型 A6
ページ数 288ページ
電子版製品名 デッドマンズショウ 心霊科学捜査官
シリーズ 講談社タイガ

著者紹介

著:柴田 勝家(シバタ カツイエ)

1987年東京都生まれ。成城大学大学院文学研究科日本常民文化専攻修了。外来の民間信仰の伝播と変容を研究している。戦国武将の柴田勝家を敬愛する。2014年、『ニルヤの島』が第2回ハヤカワSFコンテストで大賞を受賞し、デビュー。第2作『クロニスタ 戦争人類学者』に続き、前作『ゴーストケース 心霊科学捜査官』でタイガに参戦。SFとミステリとホラーの面白さが融合した傑作として、高い評価を得る。

オンライン書店で見る