七日目は夏への扉

講談社タイガ
ナノカメハナツヘノトビラ
  • 電子あり
七日目は夏への扉
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

学生時代の恋人・森野の訃報。初めて聞くはずのそれをわたしは知っていた。残された証拠から推測すると、森野は自殺したのかもしれない。それも殺人を隠蔽するために。死の真相をさぐるうち、わたしの一週間が崩れだす。火曜日の次の日は月曜日。次は水曜日で……。意味がわからない。けどこれだけは言える。あ
いつが死ぬのは七日目だ。なら、やるべきことは決まってる――。

目次

  • 始まらない/月曜日
  • 終わっていた/水曜日
  • ペットボトルと蟻の行列
  • その理由
  • ロックと父
  • 笑うしかない/日曜日
  • 歪む/木曜日
  • ねじ曲がった/水曜日
  • 終わり続ける/金曜日
  • オパール
  • 真実の欠片/木曜日
  • 真実の断片/土曜日
  • 繰り返される/火曜日
  • 蛇足的な

製品情報

製品名 七日目は夏への扉
著者名 著:にかいどう青
発売日 2016年08月17日
価格 定価 : 本体690円(税別)
ISBN 978-4-06-294044-3
判型 A6
ページ数 320ページ
電子版製品名 七日目は夏への扉
シリーズ 講談社タイガ

著者紹介

著:にかいどう青(ニカイドウアオ)

神奈川県出身。早稲田大学第一文学部卒業後、書店で働きながら小説家としてデビュー。
『ふしぎ古書店 福の神はじめました』(青い鳥文庫)

オンライン書店で見る