風の陣 四 風雲篇

講談社文庫
カゼノジン4フウウンヘン
風の陣 四 風雲篇
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

神護景雲四年(七七〇)四月、称徳女帝が病に倒れ、道鏡の権勢にも翳りが見え始めた。この機に乗じて藤原一族が動き出し、物部天鈴もまた道鏡を一気に倒すべく画策する。一方、陸奥では、朝廷が派遣した陸奥守と蝦夷との軋轢が抑えきれないほど増大し、一触即発の状態に。風雲急を告げる、シリーズ第四幕!

製品情報

製品名 風の陣 四 風雲篇
著者名 著:高橋 克彦
発売日 2018年04月13日
価格 定価 : 本体820円(税別)
ISBN 978-4-06-293896-9
判型 A6
ページ数 448ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は、2010年10月にPHP文芸文庫より刊行されたものを改訂し文字を大きくしたものです。

著者紹介

著:高橋 克彦(タカハシ カツヒコ)

1947年、岩手県生まれ。早稲田大学卒。83年に『写楽殺人事件』で江戸川乱歩賞、86年に『総門谷』で吉川英治文学新人賞、87年に『北斎殺人事件』で日本推理作家協会賞、92年に『緋い記憶』で直木賞、2000年に『火怨』で吉川英治文学賞を受賞。本作『風の陣』(全五巻)は、「陸奥四部作」のうち、時代の順番としては最初の作品になる。以降、『火怨 北の燿星アテルイ』(上下巻)、『炎立つ』(全五巻)、『天を衝く』(全三巻)と続く。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス