教誨師

講談社文庫
キョウカイシ
  • 電子あり
教誨師
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

半世紀にわたり、死刑囚と対話を重ね、死刑執行に立ち会い続けた教誨師・渡邉普相。「わしが死んでから世に出して下さいの」という約束のもと、初めて語られた死刑の現場とは? 死刑制度が持つ矛盾と苦しみを一身に背負って生きた僧侶の人生を通して、死刑の内実を描いた問題作! 第1回城山三郎賞受賞。

製品情報

製品名 教誨師
著者名 著:堀川 惠子
発売日 2018年04月13日
価格 定価 : 本体720円(税別)
ISBN 978-4-06-293867-9
判型 A6
ページ数 368ページ
電子版製品名 教誨師
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は2014年1月、小社より単行本として刊行されたものです。

著者紹介

著:堀川 惠子(ホリカワ ケイコ)

1969年広島県生まれ。ジャーナリスト。『チンチン電車と女学生』(小笠原信之氏と共著)を皮切りに、ノンフィクション作品を次々と発表。『死刑の基準―「永山裁判」が遺したもの』で第32回講談社ノンフィクション賞、『裁かれた命―死刑囚から届いた手紙』で第10回新潮ドキュメント賞、『永山則夫―封印された鑑定記録』で第4回いける本大賞、本書『教誨師』(以上、すべて講談社文庫)で第1回城山三郎賞、『原爆供養塔―忘れられた遺骨の70年』(文藝春秋)で第47回大宅壮一ノンフィクション賞と第15回早稲田ジャーナリズム大賞を受賞。近著に『戦禍に生きた演劇人たち―演出家・八田元夫と「桜隊」の悲劇』(講談社)。

オンライン書店で見る