死に支度

講談社文庫
シニジタク
  • 電子あり
死に支度
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

91歳の誕生日を目前にして、長年付き添ってくれた寂庵のベテランスタッフたちが一斉に辞めることになった。最年少、24歳のモナを除いて。好きな仕事に専念してほしいとの心遣いからだった。卒寿を機に「春の革命」ともいうべき、出家以来40年ぶりの寂庵の大改革を行い、モナと二人きりの新しい生活に入る。これまでの人生を振り返り、出会ってきた人々や出家者たちの死を想い、自らの死に方について考えてゆく。「毎日が死に支度」と思い定め、最後のつもりでこの小説の連載も開始した……。

目次

  • 老鶯
  • 春の革命
  • 母コハルの死
  • 春の雪
  • てんやわんや寂庵
  • 点鬼簿
  • それぞれ
  • 臨終行儀
  • 負け戦さ
  • 木の花
  • 虹の橋
  • 幽霊は死なない

製品情報

製品名 死に支度
著者名 著:瀬戸内 寂聴
発売日 2018年01月16日
価格 定価 : 本体700円(税別)
ISBN 978-4-06-293845-7
判型 A6
ページ数 352ページ
電子版製品名 死に支度
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は2014年10月に、小社より単行本として刊行されました。文庫化にあたり、一部を加筆・修正しました。

オンライン書店で見る