恩讐の鎮魂曲

講談社文庫
オンシュウノレクイエム
  • 電子あり
恩讐の鎮魂曲
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

恩師と向き合う悪徳弁護士・御子柴礼司。「贖罪」の意味を改めて問う、感涙のリーガル・サスペンス。
谷原章介さんが「王様のブランチ」の「思い出の一冊」に選んだ『贖罪の奏鳴曲(ソナタ)』シリーズ最高傑作!

少年時代の凶悪犯罪が暴露され、悪評が拡散する弁護士・御子柴。勝率九割の敏 腕も依頼者が激減、事務所移転を余儀なくされた。そんなとき少年院時代の教官が殺 人容疑で逮捕され、御子柴は恩師の弁護を力尽くでもぎ取る。罪を自ら認める教官だ ったが、御子柴の弁護法廷は驚愕の展開に! 

製品情報

製品名 恩讐の鎮魂曲
著者名 著:中山 七里
発売日 2018年04月13日
価格 定価 : 本体730円(税別)
ISBN 978-4-06-293836-5
判型 A6
ページ数 400ページ
電子版製品名 恩讐の鎮魂曲
シリーズ 講談社文庫
初出 本作品は2016年3月に、講談社から単行本として刊行されました。

著者紹介

著:中山 七里(ナカヤマ シチリ)

なかやま・しちり
1961年、岐阜県うまれ。『さよならドビュッシー』で第8回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞し、2010年に作家デビュー。御子柴礼司シリーズ第1作の『贖罪の奏鳴曲(ソナタ)』は2015年テレビドラマ化され、第2作『追憶の夜想曲(ノクターン)』も好評(両作とも講談社文庫)。著書にはほかに『嗤う淑女』『ヒポクラテスの誓い』『総理にされた男』『護られなかった者たちへ』などがある。最新作は御子柴シリーズ第4作の単行本『悪徳の輪舞曲(ロンド)』。

オンライン書店で見る