新装版 鬼面の研究

講談社文庫
シンソウバンキメンノケンキュウ
新装版 鬼面の研究
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

閉鎖的な集落、ダイイングメッセージ、首のない死体、読者への挑戦状――
探偵小説のエッセンスを詰め込んだ金字塔、待望の新装版化!

九州の秘境にある集落を、大手テレビ局のドキュメンタリー番組で取材することになった森カオル。なぜか伊集院大介は同行を申し出る。鬼の子孫を自称し伝説と因習に生きる住民と、やらせ体質の強いテレビスタッフが対立するうち次々と犠牲者が。不可解な連続殺人の謎に伊集院大介が挑む、探偵小説の傑作。
〈解説 福井健太〉

目次

  • プロローグ
  • 第一課 十三人の乗客の研究
  • 第二課 謎の村人の研究
  • 第三課 嵐の山荘の研究
  • 第四課 ダイイング・メッセージの研究
  • 第五課 見立て殺人の研究
  • 第六課 予告殺人の研究
  • 第七課 首のない死体の研究
  • 第八課 読者への挑戦の研究
  • 研究発表 大団円
  • エピローグ

製品情報

製品名 新装版 鬼面の研究
著者名 著:栗本 薫
発売日 2017年12月15日
価格 定価 : 本体700円(税別)
ISBN 978-4-06-293809-9
判型 A6
ページ数 352ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は小社より、1981年に単行本として刊行され、1984年に文庫版として刊行した作品の新装版です。

著者紹介

著:栗本 薫(クリモト カオル)

1953年東京都生まれ。早稲田大学文学部文芸科卒。’77年、中島梓として『文学の輪郭』で第20回群像新人文学賞評論部門を受賞、文芸評論家としてデビュー。翌’78年『ぼくらの時代』で第24回江戸川乱歩賞、’81年『絃の聖域』で第2回吉川英治文学新人賞を受賞、若きエンターテインメント作家として注目を集めた。以降、ミステリー、SF、時代、伝奇小説の執筆、ミュージカルの脚本、演出、作詞作曲、ライブ演奏など多才ぶりを発揮。通巻130巻を数え前人未到の大長編となった「グイン・サーガ」シリーズをはじめ、「魔界水滸伝」シリーズなど、著作は400冊を超える。2009年、逝去。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス