影憑き 古道具屋 皆塵堂

講談社文庫
カゲツキフルドウグヤカイジンドウ
  • 電子あり
影憑き 古道具屋 皆塵堂
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

紙問屋の大店でさんざん甘やかされて育った円九郎は、悪友の菊三郎、金吾にそそのかされて賽銭泥棒したり、悪さばかり。ついに実家を追い出され、皆塵堂に居候することになったが、気合いばかりで失敗ばかり。おまけに黒い影や生首を見たり、恐怖におののく。そして、菊三郎が溺死したと金吾が報せに来る。誰かに恨みは買っていても不思議ではない円九郎に危機迫る。皆塵堂の伊平次たちは、放蕩息子の円九郎を再生できるのか?

目次

  • 三人の放蕩息子
  • 欠けた水瓶
  • 留守番の夜
  • 幽霊の不思議
  • 襲う影
  • あとがき

製品情報

製品名 影憑き 古道具屋 皆塵堂
著者名 著:輪渡 颯介
発売日 2017年11月15日
価格 定価 : 本体640円(税別)
ISBN 978-4-06-293797-9
判型 A6
ページ数 304ページ
電子版製品名 影憑き 古道具屋 皆塵堂
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は2015年11月に小社より単行本として刊行されたものです。

オンライン書店で見る