恋塚

講談社文庫
コイヅカ
恋塚
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「恋したい」なんて、もう言えない。恋は地獄、恋は人を殺す。
女が本当に知りたい「性」と「生」。--藤田香織(書評家)

醜悪で滑稽な恋をする者たちを嗤う連中の腹の中は、恋に狂う人間たちへの羨望で満ちている。恋で死ぬ―これほど我儘な幸福を味わえることはないのだ。--花房観音

風俗嬢に堕ちた教え子と潔癖な教師が逢瀬を重ね、京都の”魔所”といわれる古寺を訪れる「鳴神」、再会した幼馴染みとのセックスに籠絡され、夫殺しに荷担する不倫男の末路を描く「恋塚」。性と愛の地獄に嵌まり、時には生死を顧みぬ男女の業を、団鬼六賞作家が生々しくも艶やかに描く傑作六編。

目次

  • 鳴神
  • 恋塚
  • 菊花
  • 枕本
  • 蛇女
  • 懸想文
  • (順不同)

製品情報

製品名 恋塚
著者名 著:花房 観音
発売日 2018年03月15日
価格 定価 : 本体630円(税別)
ISBN 978-4-06-293796-2
判型 A6
ページ数 304ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 「鳴神」「恋塚」「菊花」…書下ろし、「蛇女」…「小説すばる」2013年6月号、「枕本」…書下ろし、「懸想文」…「小説すばる」2014年8月号。

著者紹介

著:花房 観音(ハナブサ カンノン)

はなぶさ・かんのん
京都市在住。京都女子大学中退。映画会社、旅行会社勤務などを経て、2010年「花祀り」で第1回団鬼六賞大賞を受賞し作家デビュー。女性のエロスを流麗な筆致で綴る。著書には『女の庭』『女坂』『指人形』『楽園』『やすらいまつり』『花びらめくり』『情人』『わたつみ』『色仏』『鬼の家』『くちびる遊び』『半乳捕物帳』などがある。新書『愛欲と情念の京都案内 魔の潜むこわ~い街へようこそ』も好評。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス