千日のマリア

講談社文庫
センニチノマリア
  • 電子あり
千日のマリア
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

義母の葬式で男は思い出す。22年前に、義母の起こした事故のこと。義母を責めた自分のこと。そして--(「千日のマリア」)。
会社に長文の手紙を送りつけてくる女。意を決して女の家を訪ねた男が見たものは(「修羅のあとさき」)。
森に囲まれた土地で暮らして20年。引っ越しを間近に控えたその日、はじめて庭に現れた美しい琥珀色の生き物がいた(「テンと月」)。
ほか、生と死、愛と性、男と女を見つめた珠玉の8篇。

目次

  • 過ぎし者の標
  • つづれ織り
  • 落花生を食べる女
  • 修羅のあとさき
  • 常夜
  • テンと月
  • 千日のマリア
  • 凪の光

製品情報

製品名 千日のマリア
著者名 著:小池 真理子
発売日 2017年11月15日
価格 定価 : 本体680円(税別)
ISBN 978-4-06-293747-4
判型 A6
ページ数 352ページ
電子版製品名 千日のマリア
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は2015年2月、小社より単行本として刊行されました。

著者紹介

著:小池 真理子(コイケ マリコ)

1952年東京都生まれ。成蹊大学文学部卒業。1989年「妻の女友達」で日本推理作家協会賞短編部門、1996年『恋』で直木賞、1998年『欲望』で島清恋愛文学賞、2006年『虹の彼方に』で柴田錬三郎賞、2012年『無花果の森』で芸術選奨文部科学大臣賞、2013年『沈黙のひと』で吉川英治文学賞をそれぞれ受賞。恋愛小説の名手として人気を博し、著書多数。近年は恋愛にとどまらず、人生を深く洞察した作品で読者の心を捉えている。

オンライン書店で見る