硝子の探偵と消えた白バイ

講談社文庫
ガラスノタンテイトキエタシロバイ
  • 電子あり
硝子の探偵と消えた白バイ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

警察車両を先導中の白バイが警官もろとも消失した。この怪事件に招聘されたのは「ガラスの探偵」の異名を持つ自称天才、朝倉。捜査は助手任せで見当違いな推理を連発する彼に、刑事たちも呆れ顔。ビル屋上で見つかった白バイ警官の死体と過去のストーカー殺人が絡み合った難事件を、朝倉は解決できるか?

製品情報

製品名 硝子の探偵と消えた白バイ
著者名 著:小島 正樹
発売日 2017年08月08日
価格 定価 : 本体700円(税別)
ISBN 978-4-06-293735-1
判型 A6
ページ数 352ページ
電子版製品名 硝子の探偵と消えた白バイ
シリーズ 講談社文庫
初出 この作品は2013年7月に小社から刊行されました『硝子の探偵と消えた白バイ』に加筆修正したものです。

オンライン書店で見る