献灯使

講談社文庫
ケントウシ
  • 電子あり
献灯使
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

大災厄に見舞われ、外来語も自動車もインターネットもなくなり鎖国状態の日本。老人は百歳を過ぎても健康だが子どもは学校に通う体力もない。義郎は身体が弱い曾孫の無名が心配でならない。無名は「献灯使」として日本から旅立つ運命に。
大きな反響を呼んだ表題作のほか、震災後文学の頂点とも言える全5編を収録。

製品情報

製品名 献灯使
著者名 著:多和田 葉子
発売日 2017年08月08日
価格 定価 : 本体650円(税別)
ISBN 978-4-06-293728-3
判型 A6
ページ数 272ページ
電子版製品名 献灯使
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は2014年10月、小社より単行本として刊行されたものです。

著者紹介

著:多和田 葉子(タワダ ヨウコ)

1960年、東京生まれ。小説家、詩人。早稲田大学第一文学部卒業。ハンブルク大学修士課程修了。82年よりドイツに住み、日本語・ドイツ語両言語で作品を手がける。91年、「かかとを失くして」で群像新人文学賞受賞。93年、「犬婿入り」で芥川賞受賞。96年、ドイツ語での文学活動に対しシャミッソー文学賞を授与される。2000年、『ヒナギクのお茶の場合』で泉鏡花文学賞を受賞。同年、ドイツの永住権を取得。また、チューリッヒ大学博士課程修了。11年、『雪の練習生』で野間文芸賞、13年、『雲をつかむ話』で読売文学賞、芸術選奨文部科学大臣賞をそれぞれ受賞。近著に『百年の散歩』がある。

オンライン書店で見る