身代わりの空(下) 警視庁犯罪被害者支援課4

講談社文庫
ミガワリノソラゲケイシチョウハンザイヒガイシャシエンカ4
  • 電子あり
身代わりの空(下) 警視庁犯罪被害者支援課4
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

富山空港での飛行機が墜ちた。死者二十人、負傷者多数。警視庁からの要請で総動員される犯罪被害者支援課のメンバーたち。その被害者の中に飯田基康という名で飛行機に乗った男は、毒殺事件で指名手配中の犯人・本井忠介だということが判明する。事故の被害者であり、殺人事件の容疑者でもある本井。村野は、その遺族の心のケアを担当するが……。フリージャーナリストの本井は、なぜ富山へと向かったのか。その答えを見つけるために、村野は単身、捜査を進めていく。さらにもう一人、事故で昏睡状態となっている被害者・黒沢正樹の家族とも連絡がとれない。村野は支援課だけでなく、失踪課の高城に応援を求める。毒殺事件の捜査を進める中、村野は事件の裏に15年前の殺人事件が絡んでいることに気づく。<支援課+失踪課+追跡捜査課>警視庁の総力を挙げて、複雑に絡み合う事件と人物を洗い出していく。誰が、何が悪なのか? 堂場瞬一作品史上、最高にして最も難解な事件、圧倒的結末!

目次

  • 第五部 ニュース
  • 第六部 原稿
  • 第七部 共犯者
  • 第八部 悪の連鎖

製品情報

製品名 身代わりの空(下) 警視庁犯罪被害者支援課4
著者名 著:堂場 瞬一
発売日 2017年08月08日
価格 定価 : 本体700円(税別)
ISBN 978-4-06-293724-5
判型 A6
ページ数 384ページ
電子版製品名 身代わりの空(下) 警視庁犯罪被害者支援課4
シリーズ 講談社文庫

著者紹介

著:堂場 瞬一(ドウバ シュンイチ)

堂場瞬一(どうば しゅんいち)
1963年茨城県生まれ。2000年『8年』で第13回小説すばる新人賞受賞。警察小説、スポーツ小説などさまざまな題材の小説を発表している。著書に「刑事・鳴沢了」「警視庁失踪課・高城賢吾」「警視庁追跡捜査係」「アナザーフェイス」「刑事の挑戦・一之瀬拓真」などのシリーズのほか、『八月からの手紙』『Killers』『虹のふもと』など多数。2014年8月には、『壊れる心 警視庁犯罪被害者支援課』が刊行され、本作へと続く人気文庫書下ろしシリーズとなっている。

オンライン書店で見る