文庫版 現世怪談(二) 白刃の盾

講談社文庫
ブンコバンウツシヨカイダン2ハクジンノタテ
文庫版 現世怪談(二) 白刃の盾
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

キカイニシテ、オソロシ。
縁(えにし)によって集められた取材系恐怖譚集。『新耳袋』の木原浩勝の怪談、講談社文庫版第二弾。

白い筋は刀になって、それを構えた男たちが現れ始めたんです。――少女が高熱を出すと刀を構えた侍たちが現れ迫る。殺意を放つ異形の出現に少女は怯える(「白刃の盾」)。この世には、理解を超えた怪しい「何か」がある。「新耳袋」「九十九怪談」の著者が贈る恐怖譚集文庫版。小泉八雲の曾孫、凡氏との対談巻末収録。

「白くて丸いモノが突き抜けて私に向かってスーッと・・・・・・」(「指の輪」)「黒マジックで消されていて、さらにこの黒い顔に小さな釘が・・・・・・」(「三人の男」)怪異と戦慄の全16話!

製品情報

製品名 文庫版 現世怪談(二) 白刃の盾
著者名 著:木原 浩勝
発売日 2017年07月14日
価格 定価 : 本体620円(税別)
ISBN 978-4-06-293694-1
判型 A6
ページ数 288ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は2014年6月、KADOKAWAより単行本として刊行された『隣之怪 第六夜 白刃の盾』を改稿、文庫化したものです。「松江怪談談義二〇一四」は「小説現代」2014年9月号掲載「松江怪談談義レポート」を収録しました。

著者紹介

著:木原 浩勝(キハラ ヒロカツ)

1960年兵庫県生まれ。アニメ制作会社・トップクラフト、スタジオジブリを経て、1990年『新・耳・袋』で作家デビュー。以来、「新耳袋」、「九十九怪談」、「隣之怪」「現世怪談」シリーズ、『禁忌楼』など怪談作品を次々発表。怪談トークライブやラジオ番組「怪談ラヂオ~怖い水曜日」(ラジオ関西)も好評を博す。また書籍・ムック本の企画・構成を手がけ、『空想科学読本』、『このアニメがすごい!』、『このマンガがすごい!』、『いつまでもデブと思うなよ』、『怪獣VOW(バウ)』、『怪談四代記 八雲のいたずら』など数々のヒット作品を手掛ける。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス
  • ローチケHMV