宿命の地(上) 1919年三部作 3

講談社文庫
シュクメイノチジョウ1919ネンサンブサク3
  • 電子あり
宿命の地(上) 1919年三部作 3
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

亡父ヘンリーは、なぜ危ない橋を渡り情報を売ろうとしたのか。そして、自らの生誕をめぐる隠された真実とは。その答えを求めて、マックスはチームを組織して日本へと乗り込む。ドイツのスパイ網指揮者は日本の悪名高き大物政治家と手を組み、その行く手を阻む――
大正期の東京、横浜を舞台に描く国際諜報戦!

製品情報

製品名 宿命の地(上) 1919年三部作 3
著者名 著:ゴダード,ロバート 訳:北田 絵里子
発売日 2017年05月16日
価格 定価 : 本体980円(税別)
ISBN 978-4-06-293662-0
判型 A6
ページ数 336ページ
電子版製品名 宿命の地(上) 1919年三部作 3
シリーズ 講談社文庫

著者紹介

著:ゴダード,ロバート(ゴダード,ロバート)

1954年英国ハンプシャー生まれ。ケンブリッジ大学で歴史を学ぶ。公務員生活を経て、’86年のデビュー作『千尋の闇』が絶賛され、以後、作品を次々と世に問うベストセラー作家に。『隠し絵の囚人』(講談社文庫)でMWA賞ペーパーバック部門最優秀賞を受賞。他の著作に、『還らざる日々』『血の裁き』『欺きの家』(すべて講談社文庫)など。

訳:北田 絵里子(キタダ エリコ)

1969年生まれ。関西学院大学文学部卒業。英米文学翻訳家。主な訳書に、『プリムローズ・レーンの男』『夜が来ると』(以上、早川書房)、『遠き面影』『封印された系譜』『隠し絵の囚人』『血の裁き』『欺きの家』(すべて講談社文庫)など。

オンライン書店で見る