黄砂の籠城(上)

講談社文庫
コウサノロウジョウジョウ
  • 電子あり
黄砂の籠城(上)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

今こそ読むべき、日本の快挙! 圧倒的歴史エンタテインメント。

維新からわずか30年で「国際法を守る規範の筆頭」と、世界から賞賛された日本と日本人の姿を鮮やかに描いている。―元防衛大臣 石破茂

上巻あらすじ)
1900年春、砂塵舞う北京では外国人排斥を叫ぶ武装集団・義和団が勢力を増していた。暴徒化して教会を焼き討ち、外国公使館区域を包囲する義和団。足並み揃わぬ列強11ヵ国を先導したのは、新任の駐在武官・柴五郎率いる日本だった。日本人の叡智と勇気を初めて世界が認めた、壮絶な闘いが今よみがえる。

製品情報

製品名 黄砂の籠城(上)
著者名 著:松岡 圭祐
発売日 2017年04月14日
価格 定価 : 本体640円(税別)
ISBN 978-4-06-293634-7
判型 A6
ページ数 320ページ
電子版製品名 黄砂の籠城(上)
シリーズ 講談社文庫

著者紹介

著:松岡 圭祐(マツオカ ケイスケ)

まつおか・けいすけ
1968年、愛知県生まれ。デビュー作『催眠』がミリオンセラーになる。代表作の『千里眼』シリーズ(大藪春彦賞候補作)と『万能鑑定士Q』シリーズを合わせると累計1000万部を優に超える人気作家。『万能鑑定士Q』シリーズは2014年に綾瀬はるか主演で映画化され、ブックウォーカー大賞2014文芸賞を受賞した。2017年には第2回吉川英治文庫賞候補作となる。累計100万部を超える『探偵の探偵』シリーズは北川景子主演によりテレビドラマ化された。2016年、『万能鑑定士Q』『探偵の探偵』両シリーズのクロスオーバー作品『探偵の鑑定』(1・2)、そして『万能鑑定士Qの最終巻 ムンクの〈叫び〉』を講談社文庫より刊行。著書には他に、『水鏡推理』シリーズ(講談社文庫)、『ジェームズ・ボンドは来ない』『ミッキーマウスの憂鬱』などがある。

オンライン書店で見る