永山則夫 封印された鑑定記録

講談社文庫
ナガヤマノリオフウインサレタカンテイキロク
永山則夫 封印された鑑定記録
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

連続射殺犯・永山則夫。犯行の原因は貧困とされてきたが、精神鑑定を担当した医師から100時間を超す肉声テープを託された著者は、これに真っ向から挑む。そこには、父の放蕩、母の育児放棄、兄からの虐待といった家族の荒涼とした風景が録音されていた。少年の心の闇を解き明かす、衝撃のノンフィクション。

製品情報

製品名 永山則夫 封印された鑑定記録
著者名 著:堀川惠子
発売日 2017年04月14日
価格 定価 : 本体860円(税別)
ISBN 978-4-06-293628-6
判型 A6
ページ数 496ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は2013年2月、岩波書店より単行本として刊行されたものです。

著者紹介

著:堀川惠子(ホリカワケイコ)

1969年広島県生まれ。ジャーナリスト。『チンチン電車と女学生』(小笠原信之氏と共著)を皮切りに、ノンフィクション作品を次々と発表。『死刑の基準―「永山裁判」が遺したもの』で第32回講談社ノンフィクション賞、『裁かれた命―死刑囚から届いた手紙』で第10回新潮ドキュメント賞、本書『永山則夫―封印された鑑定記録』(以上、講談社文庫)で第4回いける本大賞、『教誨師』(講談社)で第1回城山三郎賞、『原爆供養塔―忘れられた遺骨の70年』(文藝春秋)で第47回大宅壮一ノンフィクション賞と第15回早稲田ジャーナリズム大賞を受賞。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス
  • ローチケHMV