ラインの虜囚

講談社文庫
ラインノリョシュウ
ラインの虜囚
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

時は1830年、冬のパリ。
カナダから来た少女コリンヌは
父の不名誉を拭うため
「ライン河までいき、双角獣(ツヴァイホルン)の塔に幽閉されている
人物の正体をしらべよ」という老伯爵の難題に挑む。
塔の仮面の男は死んだはずのナポレオン!?
酔いどれ剣士、カリブの海賊王、若き自称天才作家と共に
少女は謎に満ちた冒険の旅へ。


大冒険、波瀾万丈、恐ろしい陰謀、ドラマチックな剣劇、
大いなる秘密、暗躍する悪党、ロマンス――
こういった言葉のどれか一つでも気になる人は、
ぜひこの『ラインの虜囚』を読んでいただきたい。
何故なら、そうした要素がすべて詰まった、
珠玉の歴史冒険小説だからだ。――二階堂黎人(解説より)

目次

  • 第一章
  • コリンヌは奇妙な命令を受け
  • パリで勇敢な仲間をあつめる
  • 第二章
  • コリンヌは東へと馬を走らせ
  • 昼も夜も危険な旅をつづける
  • 第三章
  • コリンヌはライン河に着き
  • 四人で百二十人の敵と戦う
  • 第四章
  • コリンヌはライン河を渡り
  • 双角獣(ツヴァイホルン)の塔までたどりつく
  • 第五章
  • コリンヌは塔に登って
  • 謎の虜囚の正体を知る
  • 第六章
  • コリンヌはパリに帰り
  • 意外な真相に直面する
  • 読者の皆さんへ(ミステリーランド版)
  •  
  • ノベルス版あとがき
  •  
  • 解説 二階堂黎人

製品情報

製品名 ラインの虜囚
著者名 著:田中 芳樹
発売日 2017年01月13日
価格 定価 : 本体620円(税別)
ISBN 978-4-06-293576-0
判型 A6
ページ数 304ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は2005年7月に小社より「ミステリーランド」として、2012年10月に講談社ノベルスとして刊行されたものです。

著者紹介

著:田中 芳樹(タナカ ヨシキ)

1952年熊本県生まれ。学習院大学大学院修了。
1978年に『緑の草原に……』で第3回幻影城新人賞を受賞しデビュー。1988年に『銀河英雄伝説』で第19回星雲賞を受賞。2006年に『ラインの虜囚』で第22回うつのみやこども賞を受賞した。
代表作に「銀河英雄伝説」「創竜伝」「薬師寺涼子の怪奇事件簿」「アルスラーン戦記」「タイタニア」の各シリーズなどがある。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス
  • ローチケHMV