埋れた牙

講談社文庫
ウモレタキバ
  • 電子あり
埋れた牙
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

捜査一課から地元の武蔵野中央署へと転出した刑事・瀧靖春は、旧友の長崎から姪の恵が行方不明になっていると相談を受ける。市議会議員の選挙運動を手伝っていたという恵の足取りを追う中、瀧は過去に起きていた類似の事件に気づく。この街に巣くう闇とは!?

目次

  • 第1章 我が街
  • 第2章 消失
  • 第3章 探索
  • 第4章 ある過去
  • 第5章 共通点
  • 第6章 消えた女たち
  • 第7章 混迷
  • 第8章 隠された性癖
  • 第9章 闇の戦い
  • 第10章 救出
  • 第11章 陰にいた者

製品情報

製品名 埋れた牙
著者名 著:堂場瞬一
発売日 2016年12月15日
価格 定価 : 本体750円(税別)
ISBN 978-4-06-293559-3
判型 A6
ページ数 448ページ
電子版製品名 埋れた牙
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は、2014年10月に小社より刊行した単行本の文庫版です。

著者紹介

著:堂場瞬一(ドウバシュンイチ)

堂場瞬一(どうば しゅんいち)
1963年茨城県生まれ。2000年『8年』で第13回小説すばる新人賞受賞。警察小説、スポーツ小説などさまざまな題材の小説を発表している。著書に「刑事・鳴沢了」「警視庁失踪課・高城賢吾」「警視庁追跡捜査係」「アナザーフェイス」「刑事の挑戦・一之瀬拓真」「警視庁犯罪支援課」などのシリーズのほか、『八月からの手紙』『Killers』『虹のふもと』など多数ある。

オンライン書店で見る