双孔堂の殺人 ~Double Torus~

講談社文庫
ソウコウドウノサツジンダブルトーラス
著:周木律
  • 電子あり
双孔堂の殺人 ~Double Torus~
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

<堂>シリーズは、今では通常の名探偵シリーズにはない展開をみせている。 
――円堂都司昭(文芸・音楽評論家 解説より)

館と天才たちと奇行の探偵、再び。第二弾開幕!

二重鍵状の館、「Double Torus(ダブル トーラス)」。警察庁キャリア、宮司司(ぐうじつかさ)は放浪の数学者、十和田只人(とわだただひと)に会うため、そこへ向かう。だが彼を待っていたのは二つの密室殺人と容疑者となった十和田の姿だった。建築物の謎、数学者たちの秘された物語。シリーズとして再構築された世界にミステリの面白さが溢れる。「堂」シリーズ第二弾。

製品情報

製品名 双孔堂の殺人 ~Double Torus~
著者名 著:周木律
発売日 2016年12月15日
価格 定価 : 本体800円(税別)
ISBN 978-4-06-293548-7
判型 A6
ページ数 448ページ
電子版製品名 双孔堂の殺人 ~Double Torus~
シリーズ 講談社文庫
初出 この作品は2013年8月講談社ノベルスとして刊行されました。講談社文庫刊行にあたって加筆修正されています。

著者紹介

著:周木律(シュウキリツ)

某国立大学建築学科卒業。『眼球堂の殺人 ~The Book~』(講談社ノベルス、のち講談社文庫)で第47回メフィスト賞を受賞しデビュー。同書に始まる“堂”シリーズの他、著書に『LOST 失覚探偵(上)』(講談社タイガ)、『アールダーの方舟』(新潮社)、『災厄』『暴走』(KADOKAWA)、『猫又お双と消えた令嬢』『猫又お双と教授の遺言』『猫又お双と一本足の館』(角川文庫)、『不死症(アンデッド)』(実業之日本社文庫)などがある。
〔“堂”シリーズ既刊〕
『眼球堂の殺人 ~The Book~』
『双孔堂の殺人 ~Double Torus~』
『五覚堂の殺人 ~Burning Ship~』
『伽藍堂の殺人 ~Banach-Tarski Paradox~』
『教会堂の殺人 ~Game Theory~』
(以下、続刊。いずれも講談社)

オンライン書店で見る