私がいないクリスマス

講談社文庫
ワタシガイナイクリスマス
著:加藤元
  • 電子あり
私がいないクリスマス
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

家族だから、嘘をつく。
突如として宣告された進行癌。三十歳で独身、中島育子はクリスマス・イヴに手術室にいた。終始ツキのなかったこれまでの人生。朦朧とした意識の中、毎年クリスマスには家を空けていた父親のことを思い出す。嘘ばかりついていた父はあのとき何をしていたのだろう。現代版「クリスマス・キャロル」がここに。
泣ける、笑える、面白い!すべてを堪能できる作家、それが加藤元。
こんなに面白い小説、読まないなんてもったいない!

目次

  • 序 章
  • 第一章 十二月二十三日
  • 第二章 十二月二十四日
  • 第三章 十二月二十五日
  • 第四章 十二月二十六日
  • 第五章 十二月二十七日
  • 第六章 十二月二十八日
  • 第七章 十二月二十九日
  • 終 章 十二月三十一日
  • あとがき──病床でみる夢──

製品情報

製品名 私がいないクリスマス
著者名 著:加藤元
発売日 2015年11月13日
価格 定価 : 本体640円(税別)
ISBN 978-4-06-293266-0
判型 A6
ページ数 288ページ
電子版製品名 私がいないクリスマス
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は2013年2月、小社より単行本として刊行されました。

著者紹介

オンライン書店で見る