儀式(下)

講談社文庫
ギシキゲ
  • 電子あり
儀式(下)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

殺された大学院生ゲイルは、投資運用会社ダブルSと係争中だった。さらに彼女とケイの姪ルーシーはITのエキスパート同士の知人で、ルーシーは図らずも事件に関わってしまう。一方、夫のベントンは捜査方針をめぐりFBI内で孤立。ケイの周辺に暗雲が漂う。その最(さ)中(なか)、ダブルS社が何者かに襲撃された!

製品情報

製品名 儀式(下)
著者名 著:パトリシア・コーンウェル 訳:池田 真紀子
発売日 2014年12月25日
価格 定価 : 本体1,200円(税別)
ISBN 978-4-06-293012-3
判型 A6
ページ数 384ページ
電子版製品名 儀式(下)
シリーズ 講談社文庫

著者紹介

著:パトリシア・コーンウェル(パトリシア・コーンウェル)

マイアミ生まれ。警察記者、検屍局のコンピューター・アナリストを経て、1990年『検屍局』で小説デビュー。MWA・CWA最優秀処女長編賞を受賞して、一躍人気作家に。ケイ・スカーペッタが主人公の検屍官シリーズは、1990年代ミステリー界最大のベストセラー作品となった。その他の作品に、正義感あふれる女性警察署長とその部下たちの活躍を描いた『スズメバチの巣』『サザンクロス』『女性署長ハマー』、未解決事件に科学捜査で挑む『捜査官ガラーノ』シリーズ、切り裂きジャックの正体に迫ったノンフィクション『真相』など。公式ウェブサイト www.patriciacornwell.com

訳:池田 真紀子(イケダ マキコ)

1966年東京生まれ。上智大学法学部卒業。コーンウェル『スカーペッタ』『スカーペッタ 核心』『変死体』『血霧』『死層』、ディーヴァー『ボーン・コレクター』『スリーピング・ドール』『ソウル・コレクター』『007 白紙委任状』『バーニング・ワイヤー』『ゴースト・スナイパー』、クレイグ・マクドナルド『パンチョ・ビリヤの罠』、ダニエル・トラッソーニ『天使の檻』、E.L.ジェイムズ『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』など、翻訳多数

オンライン書店で見る