キリスト教史

講談社学術文庫
キリストキョウシ
キリスト教史
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

二千年の歴史が一冊でわかる!

イエスが十字架にかけられてから、ペテロ、パウロらの原始教団はいかにして発展していったのか。中世の十字軍・異端審問とは何だったのか? 宗教改革、カトリック教会の対抗改革の本質は何か? キリスト教は啓蒙主義といかに向かい合ったのか? 国家とキリスト教の関係は?  日本のキリスト教を、キリスト教史の枠組みのなかで捉え直しつつ、教会制度、神学思想、宣教などの変遷を、古代から現代まで描ききった決定版。(解説・佐藤優)

製品情報

製品名 キリスト教史
著者名 著:藤代 泰三
発売日 2017年11月11日
価格 定価 : 本体2,100円(税別)
ISBN 978-4-06-292471-9
判型 A6
ページ数 760ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 本書は、1979年に日本YMCA同盟出版部から刊行された『キリスト教史』(第1刷)を原本とし、著者が改訂に向けて生前用意していた訂正を反映しています。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス
  • ローチケHMV