十二世紀のルネサンス ヨーロッパの目覚め

講談社学術文庫
ジュウニセイキノルネサンスヨーロッパノメザメ
十二世紀のルネサンス ヨーロッパの目覚め
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

中世は、決して暗黒期ではない。中世とルネサンスの間に、断絶はない――。

ルネサンス(古典復興)は1400年代(クァトロチェント)のイタリアで突然起こったのではなく、ヨーロッパ各地でそれに先駆け、すでにさまざまな創造がなされていた。
「中世」というとギリシア・ローマ文化を破壊、封印した陰鬱な時代、と捉えられがちだが、それはまったくの誤解である。とりわけ12世紀頃における文化復興は「中世ルネサンス」と呼ばれ、新鮮な活力にあふれている。


ラテンの古典と詩が息を吹き返し、遊歴詩人たちから聖俗混ざった抒情詩『カルミナ・ブラーナ』が生まれる。ローマ法の復権が見られ、ギリシアをはじめアラビア、スペイン、シチリア、シリア、アフリカと多方面から知識が流れ込み、それは哲学、科学の発展をもたらした。そして七自由学芸(リベラル・アーツ)のさらなる充実、知識の膨張による、必然としての大学の誕生……

「他に例を見ないほど創造的な、造形的な時代」(ホイジンガ)の実像をたどり、中世の歴史的位置づけを真っ向から問い直した問題作。アメリカの中世史家はこの大著で歴史的転換を迫り、従来の暗黒史観に衝撃を与えた。
(C.H.Haskins,The Renaissance of the Twelfth Century,Harvard University Press,1927.邦訳『十二世紀ルネサンス』みすず書房、1989初版、1997新装)

目次

  • はしがき
  • 第一章 歴史的背景
  • 第二章 知的中心地
  • 第三章 書物と書庫
  • 第四章 ラテン語古典の復活
  • 第五章 ラテン語
  • 第六章 ラテン語の詩
  • 第七章 法学の復活
  • 第八章 歴史の著述
  • 第九章 ギリシア語・アラビア語からの翻訳
  • 第十章 科学の復興
  • 第十一章 哲学の復興
  • 第十二章 大学の起源
  • 原注
  • 解説(朝倉)
  • あとがき(別宮)
  • 文献書誌

製品情報

製品名 十二世紀のルネサンス ヨーロッパの目覚め
著者名 著:チャールズ.ホーマー・ハスキンズ 訳:別宮 貞徳 訳:朝倉 文市
発売日 2017年08月09日
価格 定価 : 本体1,280円(税別)
ISBN 978-4-06-292444-3
判型 A6
ページ数 424ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 本書は、1989年にみすず書房より刊行された、『十二世紀ルネサンス』を原本とし、改題して文庫化したものです。

著者紹介

著:チャールズ.ホーマー・ハスキンズ(チャールズ.ホーマー・ハスキンズ)

1870-1937。アメリカ・ペンシルヴァニア生まれの歴史家。16歳でジョンズ・ホプキンス大学を卒業。ハーヴァード大学教授、アメリカ歴史学会会長、アメリカ中世学会会長を務める。

訳:別宮 貞徳(ベック サダノリ)

(べっく・さだのり)1927年東京生まれ。英文学、比較文学。上智大学大学院西洋文化研究科修士課程修了。元上智大学教授。

訳:朝倉 文市(アサクラ ブンイチ)

(あさくら・ぶんいち)1935年宮崎県生まれ。西洋中世史。上智大学大学院西洋文化研究科修士課程修了。ノートルダム清心女子大学名誉教授。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス
  • ローチケHMV