馬賊の「満洲」 張作霖と近代中国

講談社学術文庫
バゾクノマンシュウチョウサクリントキンダイチュウゴク
  • 電子あり
馬賊の「満洲」 張作霖と近代中国
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

日露の脅威がせまる清朝末期の混沌に、馬賊は生まれた。混乱の中、軍閥の長となり中原への進出をうかがい、覇権を目指した「東北王」張作霖もそんな一人だった。虚飾にとらわれた従来の張作霖像を解体し、中国社会が包含する多様性にねざす地域政権の上に馬賊を位置づけ、近代へと変貌する激動の中国と日中関係史を鮮やかに描き出した意欲的な試み。

製品情報

製品名 馬賊の「満洲」 張作霖と近代中国
著者名 著:澁谷 由里
発売日 2017年06月09日
価格 定価 : 本体940円(税別)
ISBN 978-4-06-292434-4
判型 A6
ページ数 272ページ
電子版製品名 馬賊の「満洲」 張作霖と近代中国
シリーズ 講談社学術文庫
初出 本書の原本は、2004年12月、『馬賊で見る「満洲」―張作霖のあゆんだ道―』の表題で、小社より刊行されました。

著者紹介

著:澁谷 由里(シブタニ ユリ)

1968年生まれ。京都大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(文学)。富山大学人文学部教授を経て、帝京大学文学部教授。専門は中国近現代史。著書に『「漢奸」と英雄の満洲』『〈軍〉の中国史』などがある。

オンライン書店で見る