中世ヨーロッパの騎士

講談社学術文庫
チュウセイヨーロッパノキシ
中世ヨーロッパの騎士
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

学術文庫ではすでに、『中世ヨーロッパの城の生活』(2005年刊)、『中世ヨーロッパの都市の生活』(2006年刊)、『中世ヨーロッパの農村の生活』(2008年刊)、『大聖堂・製鉄・水車』(2012年刊)、『中世ヨーロッパの家族』(2013年)が刊行されて好評を博している、ギースの「中世ヨーロッパシリーズ」の6冊目。本作では、中世ヨーロッパの軍事を担った「騎士」の実像に光をあてる。
世界の歴史上、さまざまな兵士が世界の戦場で戦ってきたが、活動期間の長さといい、歴史、社会、文化に及ぼした影響の大きさといい、中世ヨーロッパの騎士の右に出るものはない。「騎士」と聞いて思い浮かぶのは、鎧を着けて馬にまたがり、「サー」と呼ばれる戦士の姿だろう。平時は城に住み、野外の騎馬試合と孤独な諸国遍歴に生涯を過ごす――こんな通俗的なイメージは、歴史上に実在した騎士とまったくかけ離れているわけではない。そして重要なことに、彼らは強い連帯意識を持つ階級の一員でもあった。
本書では、中世騎士の登場から、十字軍での活躍、吟遊詩人とアーサー王物語に代表される騎士道物語の誕生、テンプル騎士団などの宗教騎士団、遍歴の騎士から上級貴族にのしあがったイングランドのウィリアム・マーシャルや、ブルターニュの英雄ベルトラン・デュ・ゲクランの生涯、さらに、衰退を迎えた騎士階級が、小説『ドン・キホーテ』に最後の一撃を加えられ、近代社会の中に朽ちていくまでを描く。

目次

  • 第一章 騎士とは何か
  • 第二章 黎明期の騎士
  • 第三章 第一回十字軍の騎士
  • 第四章 吟遊詩人と騎士道の文学
  • 第五章 ウィリアム・マーシャル 全盛期の騎士道
  • 第六章 テンプル騎士団 兵士、外交官、銀行家
  • 第七章 ベルトラン・デュ・ゲクラン 一四世紀の騎士
  • 第八章 一五世紀のイングランドの騎士 
  • サー・ジョン・ファストルフとパストン家
  • 第九章 騎士道の長い黄昏

製品情報

製品名 中世ヨーロッパの騎士
著者名 著:フランシス・ギース 訳:椎野 淳
発売日 2017年05月12日
価格 定価 : 本体1,050円(税別)
ISBN 978-4-06-292428-3
判型 A6
ページ数 320ページ
シリーズ 講談社学術文庫

著者紹介

著:フランシス・ギース(フランシス・ギース)

Frances Gies (1915―2013)。アメリカの歴史著作家。中世史に関する著作多数。ジョゼフ・ギース(1916-2006)との主な共著に『中世ヨーロッパの都市の生活』『中世ヨーロッパの城の生活』『中世ヨーロッパの農村の生活』『大聖堂・製鉄・水車』『中世ヨーロッパの家族』など。

訳:椎野 淳(シイノ ジュン)

1982年、上智大学外国語学部英語学科卒業。ユニカレッジにて翻訳を学ぶ。訳書にR・マクリーン『統合失調症ぼくの手記』ほか。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス
  • ローチケHMV