『老子』 その思想を読み尽くす

講談社学術文庫
ロウシソノシソウヲヨミツクス
  • 電子あり
『老子』 その思想を読み尽くす
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

『老子』には、「無為自然」「道」「徳」の根本思想、「小国寡民」「無為の治」の政治哲学、「不争」の倫理思想、養生思想など、古代中国の思想の根幹があります。
後の世の『荘子』『呂氏春秋』『韓非子』『荀子』『淮南子』などに多大なる影響を与えました。
本書は、『老子』に含まれる諸思想を総合的・体系的に解明して、その諸思想のありのままの内容を分かりやすい形で提供します。その際、馬王堆帛書甲本を始めとする各種の出土資料本『老子』を重視して、古い『老子』の本来の姿を紹介することに努めています。
充実した【注】は、『老子』成立の諸事情を解明するとともに、思想の個々の内容にも深く立ち入るものとなっています。
巻末には、『老子』の原文全文と【読み下し】【現代語訳】を収録しています。
『老子』の初学者から専門家までをカヴァーする決定版です。

目次

  • 前書き
  • 凡例
  • 目 次
  • 第1部 人物・老子と書『老子』
  •  第1章 老子という人
  •   1 司馬遷の著わした『史記』老子列伝
  •   2 謎に包まれた老子という人物
  •   3 老子イメージの展開と「道家」の形成
  •   4 ラインアップした道家の書物と人物
  •   注
  •  第2章 『老子』という書
  •   1 戦国時代末期における『老子』の編纂
  •   2 馬王堆帛書『老子』の出土
  •   3 郭店楚簡『老子』の新たな登場
  •   4 北京大学簡『老子』の新たな出現
  •   5 結 論
  •  注
  • 第2部 『老子』の思想
  •    始めに
  •  第1章 『老子』の哲学
  •   注
  •  第2章 『老子』の倫理思想
  •     注
  •  第3章 『老子』の政治思想
  •     注
  •  第4章 『老子』の養生思想
  •   注
  •  第5章 『老子』の自然思想
  •  
  • 終わりに
  • 『老子』原文・読み下し・現代語訳
  • 後書き

製品情報

製品名 『老子』 その思想を読み尽くす
著者名 著:池田知久
発売日 2017年03月10日
価格 定価 : 本体2,200円(税別)
ISBN 978-4-06-292416-0
判型 A6
ページ数 864ページ
電子版製品名 『老子』 その思想を読み尽くす
シリーズ 講談社学術文庫

著者紹介

著:池田知久(イケダトモヒサ)

池田 知久(いけだ ともひさ)
1942年生まれ。 東京大学文学部卒業。同大学院大学院博士課程修了。東京大学教授、大東文化大学教授などを歴任。現在、東京大学名誉教授。専門は中国思想。
著書に、『荘子 全訳注』(上下)『馬王堆漢墓帛書五行篇研究』 『諸子百家文選』『老荘思想』 』『郭店楚簡儒教研究』『占いの創造力 現代中国周易論文集』『老子』、『中国思想文化事典』(共著) などがある

オンライン書店で見る