再発見 日本の哲学 平田篤胤 霊魂のゆくえ

講談社学術文庫
サイハッケンニホンノテツガクヒラタアツタネレイコンノユクエ
  • 電子あり
再発見 日本の哲学 平田篤胤 霊魂のゆくえ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

私たちは死んだらどうなるのか。二百年前、誰もが抱くこの問いに解決を与えようとした思想家こそ、平田篤胤である。
篤胤は主著『霊の真柱』で、自らの学問の目的は「真道」を知ることである、という。そして、「真道」を知るためには、「霊の行方の安定」を知ることが先決だというのである。
つまり、人は死後、霊(霊魂)になる。その霊のゆくえを知ることこそ、かれの学問だったのだ。
江戸末期の思想家のそのような思考が、日本の近代に大きな影響を与えている。
複雑怪奇な篤胤の思想の本質を明解に分析する快著。

目次

  • 第一章 篤胤の抱えた問い
  • 第二章 神へ――問いの具体化
  • 第三章 『新鬼神論』――死んだら霊魂になる
  • 第四章 近世庶民仏教と『出定笑語』
  • 第五章 『霊の真柱』――霊魂のゆくえ
  • 終章  近代へ

製品情報

製品名 再発見 日本の哲学 平田篤胤 霊魂のゆくえ
著者名 著:吉田 真樹
発売日 2017年01月11日
価格 定価 : 本体1,080円(税別)
ISBN 978-4-06-292398-9
判型 A6
ページ数 328ページ
電子版製品名 再発見 日本の哲学 平田篤胤 霊魂のゆくえ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 本書の原本は、菅野覚明・熊野純彦責任編集「再発見 日本の哲学」の一冊として、2009年、小社より刊行されました。

著者紹介

著:吉田 真樹(ヨシダ マサキ)

1971年生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了。博士(文学)。現在、静岡県立大学国際関係学部講師。専攻は、倫理学、日本倫理思想史。主な論文に「死と生の祀り――イザナキ・イザナミ神話の生命思想」「光源氏の存在の基底について」など。

オンライン書店で見る