再発見 日本の哲学 佐藤一斎――克己の思想

講談社学術文庫
サイハッケンニホンノテツガクサトウイッサイコッキノシソウ
著:栗原剛
  • 電子あり
再発見 日本の哲学 佐藤一斎――克己の思想
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

佐藤一斎は、幕末に生きた儒学者である。幕府直轄の学問所、昌平黌の儒官として活躍した。それだけでは、幕末の官製の思想家ということになってしまうだろう。
しかし、彼の思想には、日本の近代化、明治維新の原動力となるエネルギーがそなわっていた。西郷隆盛が、彼の主著『言志四録』を抜萃して、つねに手元においたことからも、それはうかがい知ることができる。
佐藤一斎の思想を探究することは、また、西郷隆盛の思想を知ることでもあるのだ。

『言志四録』は、現代においても、根強い人気を誇る。ここから、企業人としての処世を学ぶ経営者も多い。

そのような人気をよぶ元となった、彼に思想の本質とは何か? 本書は、西郷隆盛の思想をも含め、そこに焦点を当てた、ほとんど唯一といっていい一般書である。

一斎は、儒学者でありながら、同時に、幕末に生きた一人の武士として、自己の独立を説いた。
  士は独立自信を貴ぶ。
  士はまさに己に在る者をたのむべし。
志・学・独立というものを、純粋に追求したその思想は、近代日本の通奏低音として、今に響いている。

一斎の言葉を、たんなる処世術としてではなく、日本の哲学として、繊細に、かつ怜悧に読み解いた、記念碑的力作。

目次

  • 序論 真の自己とは何か
  • 第一章 立志と学
  • 第二章 学の理論――天、仮己、真己
  • 第三章 学を実践する場面――なぜ静坐するのか
  • 第四章 心の霊光への道のり――欲を慎み、口を慎む
  • 第五章 心の霊光への道のり――行から心へ
  • 第六章 独立する自己
  • 第七章 死を畏れざる理――運命論と死生観
  • 補章  西郷南洲と佐藤一斎

製品情報

製品名 再発見 日本の哲学 佐藤一斎――克己の思想
著者名 著:栗原剛
発売日 2016年12月09日
価格 定価 : 本体1,050円(税別)
ISBN 978-4-06-292397-2
判型 A6
ページ数 320ページ
電子版製品名 再発見 日本の哲学 佐藤一斎――克己の思想
シリーズ 講談社学術文庫
初出 本書の原本は、菅野覚明・熊野純彦責任編集「再発見 日本の哲学」の一冊として、2007年、小社より刊行されました。

著者紹介

著:栗原剛(クリハラゴウ)

1975年生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程単位取得退学。博士号(文学)取得。専攻は、倫理学、日本倫理思想史。現在、山口大学准教授。主な論文に、「伊藤仁斎の道徳観」「『曾根崎心中』における生命」など。

オンライン書店で見る