滑稽の研究

講談社学術文庫
コッケイノケンキュウ
  • 電子あり
滑稽の研究
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「滑稽とはなにか」
「のらくろ」の巨匠が真摯に探求した。
国内外の美学、修辞学、論理学等の著作から
滑稽論を渉猟し、理論的バックボーンを追求。
また、芸能・文芸・絵画の史料にその発祥を求める。
ユーモア、ウィット、笑い、コミック、ナンセンス、、、、
様々な滑稽の表層から核心に近づこうと苦心する
巨匠のあゆみを追体験する。
理論の実例として、実作者ならでは、
自身の作品を豊富に使用。
(「理論編」に挿入されるアリストテレス、カント、ベルグソンらの似顔絵も一見の価値あり。)
また、愛弟子の長谷川町子ほか同時代作家の作品も、
巨匠によるあたたかな解説とともに掲載。

目次

  • 理論編
  • ●美学による滑稽
  • アリストテレス アウグスティヌス ルネサンス以後 ホッブス バウムガルテン カント レッシング ジャン・パウル ショウペンハウエル フィッシャー フェヒネル リップス 主観的滑稽 客観的滑稽 素朴的滑稽 ベルグソン スペンサー レイマン デソアール
  • ●美的範疇
  • 美 優美 崇高美(壮美)  悲壮美 醜 滑稽 ユーモア ブラックユーモア
  • ●修辞学による滑稽
  • 比喩法 直喩 暗喩 活喩 擬人法 引喩 風喩 張喩 誇張 縁語と掛け言葉 
  • ●笑い
  • 笑いの心理 笑いの生理
  • 史料編
  • ●芸能
  • 散楽 田舞から田楽へ 田楽から猿楽へ 猿楽能 田楽の盛衰 猿楽から能へ 狂言 世阿弥 興言利口 狂言の語義 踏歌 千秋万歳 放下師 落語 曾呂利新左衛門 安楽庵策伝 露の五郎兵衛 米沢彦八 鹿野武左衛門 立川焉馬 石井宗叔 桜川慈悲成 三笑亭可楽 寄席の話
  • ●文芸
  • 万葉集 連歌 俳諧連歌集 山崎宗鑑 荒木田守武 松永貞徳 西山宗因 前句付け 慶紀逸 柄井川柳 狂句 狂歌 暁月房 雄長老 永田貞柳 栗柯亭木端 木室卯雲 風来山人 大屋裏住 唐衣橘洲 四方赤良 朱楽菅江 節松嫁々 元杢網 智恵内子 平秩東作 狂歌の字義 滑稽小説 仮名草子 竹斎物語 烏丸光広 東海道名所記 滑稽本 東海道中膝栗毛 十返舎一九 浮世風呂 浮世床 式亭三馬 小紋雅話 奇妙図彙 噺本
  • ●絵画
  • 法隆寺 正倉院 唐招提寺 瓦絵 下店氏の戯画観 荒海の障子 烏滸絵 絵巻 信貴山縁起絵巻 鳥獣戯画絵巻 鳥羽僧正 伴大納言絵詞 病草子 餓鬼草子 絵師草子 破来頓等絵詞 百鬼夜行絵巻 福富草子 宋画の伝来 民衆画の発祥 岩佐又兵衛 菱川師宣 奥村政信 英一蝶 大津絵 鳥羽絵 耳鳥斎 狩野派の戯画 浮世絵派の絵師 歌川国芳 葛飾北斎 北斎漫画 河鍋暁斎 狂画から漫画へ

製品情報

製品名 滑稽の研究
著者名 著:田河 水泡
発売日 2016年08月10日
価格 定価 : 本体960円(税別)
ISBN 978-4-06-292379-8
判型 A6
ページ数 280ページ
電子版製品名 滑稽の研究
シリーズ 講談社学術文庫
初出 本書の原本は1987年9月、小社より刊行されました。

著者紹介

著:田河 水泡(タガワ スイホウ)

田河 水泡(たがわ すいほう)

1899-1989。漫画家。本名は高見沢仲太

郎。日本美術学校卒。落語作家を経て、『目

玉のチビちゃん』(1928)でデビュー。野

良犬の黒吉、通称“のらくろ”が活躍する『の

らくろ』シリーズは戦後まで続くベストセラー

となった。作品はほかに「蛸の八ちゃん」「凸

凹黒兵衛」など。1969年紫綬褒章受章。

オンライン書店で見る