唯識の思想

講談社学術文庫
ユイシキノシソウ
  • 電子あり
唯識の思想
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

科学・哲学・宗教の三面をあわせもつ普遍的仏教思想、唯識。「生かされて生きること」を智る大乗仏教の根本思想は、八種の識が世界を生み出し、感情や思いや言葉は深層の心から表層に現れると説く。不可思議にして深淵な心の構造を観察・分析し、そのありようを解き明かす唯識とは何か。この古くて新しい思想の世界へといざなう、最良の唯識入門書。

製品情報

製品名 唯識の思想
著者名 著:横山 紘一
発売日 2016年03月10日
価格 定価 : 本体980円(税別)
ISBN 978-4-06-292358-3
判型 A6
ページ数 288ページ
電子版製品名 唯識の思想
シリーズ 講談社学術文庫
初出 本書の原本は、2002年12月、日本放送出版協会よりNHKライブラリー『やさしい唯識』として刊行されました。

著者紹介

著:横山 紘一(ヨコヤマ コウイツ)

1940年、福岡県生まれ。東京大学農学部水産学科、同文学部印度哲学科卒業、東京大学大学院印度哲学博士課程修了。立教大学名誉教授、鹿島神流師範、唯識塾」塾長。専攻は唯識思想。著書に『唯識思想入門』『唯識の哲学』『仏教思想へのいざない』『唯識とは何か』『十牛図の世界』『わが心の構造』『「唯識」という生き方』『唯識入門講座』『唯識仏教辞典』『阿頼耶識の発見』ほか多数。

オンライン書店で見る